週末でも1万円台で泊まれてしまう宿

週末でも1万円台で泊まれてしまう宿

プロが太鼓判!
1万円台で泊まれる名湯の宿~栃木

 国内旅行の満足度は、なんといっても宿のよしあしが決め手。疲れを癒す名湯でくつろぐもよし、旬の美食を堪能するもよし。旅のプロが推薦する驚きのお値打ち宿を大公開!

 宿の目利きが選ぶ名湯の宿を6回にわたり紹介。今回は栃木・日光の手白澤(てしろさわ)温泉です。

» 第1回 長崎・上五島 高台のオーベルジュ
» 第2回 長野・小諸 絶景を見下ろす秘湯の名宿
» 第3回 福島・沼尻 源泉掛け流しの温泉ロッジ
» 第5回 和歌山・湯の峰 江戸時代から続く老舗旅館
» 第6回 北海道・標津 渓流沿いの露天風呂

山小屋の面影を残す宿で、湯の華漂う温泉に安らぐ
栃木・日光の「奥鬼怒(おくきぬ)温泉郷 手白澤(てしろさわ)温泉」

「毎分300L自噴の掛け流しのお湯が素晴らしい」
推薦者:フォトグラファー 山口規子さん

【料金】休前日¥16000~

手白澤の沢音や虫の声、風や木々が揺れる音が耳に心地よい露天風呂。夜は星が降ってくるかのよう

 日光国立公園の山深い場所に位置する奥鬼怒温泉郷は、かつては陸の孤島といわれた地。現在も一般車は進入禁止で、最寄りのバス停「女夫渕温泉前」から緩やかな山道(遊歩道)を2~3時間ほど歩いて訪れる人がほとんどだ。ブナの原生林を通り抜けて宿に着く頃には、森林浴効果もあって実に清々しい気分。

<次のページ> 湯量豊富な露天風呂と旬の味覚を盛り込んだオリジナル料理

2012.12.11(火)

composition:Satoshi Miyashita
text:Megumi Komatsu

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2013年1月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ