ラグジュアリーなリゾートが立ち並び、楽園アイランドとして世界中の人々を惹きつけるバリ島。古くから独自の宇宙観を育んできたこの島には、神々への真摯な祈りがそこかしこにあふれ、訪れる人々を安らぎの世界へと導いてくれる。

 バリに訪れたならぜひ体験したい文化、一度は泊まりたい贅沢で優雅なホテル、ウブドのショップ&グルメ情報を4回にわたってお届けしています。今回は第2回、ジンバランのリゾートホテルを紹介。

» 第1回 体験したいバリの文化~護符・舞踊・聖水
» 第3回 ヴァイスロイ・バリ~神秘の森のラグジュアリー
» 第4回 ウブドの街で元気をもらおう!

ジンバラン・プリ・バリ

 バリ島の南西海岸沿いに連なるリゾートエリアのなかでも、ジンバランは海も穏やかで、どこか優雅な雰囲気。クタやレギャンの喧騒を離れて、のんびり過ごすのに最適!

ゆるりとした時間の流れるビーチサイド

海と太陽から元気をもらえるかわいいリゾート

 大きな空の下に広がる青い海。その波のリズムを肌で感じて癒やされたいなら「ジンバラン・プリ・バリ」での滞在がおすすめだ。バギーなどに乗らなくても、部屋からビーチへすぐにアクセスできる、海の近さが最大の魅力。リゾート全体が太陽の光を浴び、明るく爽快な楽園ムードいっぱいだ。

左:天蓋付きベッドがロマンティック
右:南の島では冷たいプールの水が何より気持ちいい!

 南国の木々が生い茂る敷地内には、上品なたたずまいのヴィラやコテージが連なり、その一隅には供物を捧げた祠があったりして、ホテルというよりかわいい集落のような趣。プール付きヴィラに一日中おこもりするもよし、ビーチサイドでくつろぐもよし。自分の別荘感覚で長期滞在したくなる。

お昼寝ソファを配してくつろげるリビング

 もちろんリゾートに必須の絶品グルメとスパも堪能できる。ビーチサイドの「ネラヤン・レストラン」では、魚介の扱いも巧みなヴェネツィア出身のシェフ、ミケーレ・グレッジォ氏の美味に舌鼓。庭園にしつらえたトリートメントルームでのスパ体験も至福。すべてが珠玉の休日を過ごしたい。

左:メインプール
右:「ザ・ビーチスパ」で人気のフラワーバス(16USドル)。バリ式マッサージやアーユルヴェーダも体験可能

Jimbaran Puri Bali (ジンバラン・プリ・バリ)
住所 Jalan Uluwatu, Jimbaran, Bali
電話番号 +62-361-701-605
URL www.jimbaranpuribali.com
客室数 63室
料金 コテージスイート 495USドル~、デラックスプールヴィラ 905USドル~
日本での予約先/オリエント・エクスプレス・ホテルズ・ジャパン
電話番号 03-3265-1200

photographs:Setsuo Sugiyama
text:Shojiro Yano
coordination:Hisashi Murakami(バリ・ツアーズ.com) / Yoko Yoshida(api-magazine) / Chika Aomatsu(api-magazine)

この記事の掲載号

最も美しいイタリアへ。

CREA Traveller 2012年秋号

アマルフィ、ポジターノ、ソレント、カプリ、ナポリ
最も美しいイタリアへ。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2012年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。