東洋一のサウンドマシーン、クレイジーケンバンドを率いる横山剣さん。その常人を超えた旺盛なクリエイティヴィティにインスピレーションを与える源泉のひとつが、魅力的な女性たちの存在です。これまでの人生で恋し憧れてきた、古今東西の素敵な女性について熱く語ります!


#008 應蘭芳

『幻の名盤解放歌集 ビクター編 渚の歓喜(エクスタシー)』のジャケットを飾る應蘭芳。このコンピレーションに収められた彼女のレパートリーは、表題曲の他、「火遊びのブルース」「痛い痛い痛いのよ」「背中のほくろ」「青い靴のブルース」という計5曲。

應蘭芳(おう らんふぁん)

1938年英国ロンドン生まれ。父はイギリス国籍の中国人で、母は日本人。生後間もなく満洲に移住。戦後、母親と2人で日本に渡る。58年、第5期東映ニューフェイスに合格し、東映に入社。その後、俳優座養成所にも入所を果たす。59年、三瀬滋子という芸名で映画『素晴らしき娘たち』などに出演。66年にはTVドラマ「マグマ大使」に主人公の妻・モル役を演じる。69年からはドラマ「プレイガール」に初代メンバーとして出演。その傍ら、歌手としても活動。「火遊びのブルース」「痛い痛い痛いのよ」などのシングルをリリースした。

「マグマ大使」が最初の衝撃だった

 小学校に入るか入らないかの頃、僕が夢中になって観ていた特撮番組のひとつが「マグマ大使」。

 1966年から翌年にかけて放送された、手塚治虫原作のこのSFドラマを観ているうち、主人公のロケット人間・マグマ大使の奥さんである「モル」というキャラクターにだんだん惹かれていきました。

 子ども心にも、エキゾティックな美しさを湛えた、スペシャル感を帯びた女性であることが分かった。

 自分の母親の年齢とそんなに変わらないんだけど、ちょっときれいな、友達のお母さんにときめいちゃうような感じが、たまらなかったんですよね。

 このモルに扮していた女優の名前が、三瀬滋子。

 「マグマ大使」の次に、彼女が鮮烈な印象を刻みつけたのは、「プレイガール」というドラマでのことでした。

 この時点では、すでに應蘭芳(おう・らんふぁん)という芸名に変わっていました。

 69年から始まった「プレイガール」は、あまりにも大きな影響をクレイジーケンバンドに与えた作品です。

 「国際秘密保険調査員」なる肩書を持つ女性たちが、お色気たっぷりのアクションを繰り広げる。

 沢たまきさん、桑原幸子さんといった不動のレギュラーとは違い、應蘭芳さんは準レギュラー的な立ち位置で、たまにしか登場しない。だから、彼女が出演する回を観られた時は、何だか得をした気がしたものです。

 この名前からも想像がつくでしょうが、彼女は、お父さんが中国系英国人で、お母さんが日本人。まさにインターナショナル・プレイガール。

2019.02.27(水)
構成=下井草 秀(文化デリック)