北の大地のヒーローが登場!

 細川たかしである。

 細川たかしというと、レイザーラモンRGによる物真似を想起する向きも多かろうが、髪型だけに気を取られていてはいけない。それは、木を見て森を見ないということである(おそらく、このことわざの用法はかなり高い確率で間違っている)。

これだけ派手な着物を見せられると、アンナチュラルな髪型に目がいかなくなるからこの試みは成功しているのかもしれない。

 すげえ。こんな柄の着物は見たことがない。自慢する気持ちも分かるよ。

ホワイトタイガーと耳にして即座にジークフリード&ロイのことを思い出すあなたは、確実に前世紀の住人である。なお、三橋美智貴というのは、民謡三橋流における三橋美智也の弟子としての細川の名義。

 竜の次は虎。龍虎。料理天国。そんなこと言っても平成生まれには伝わるまい。

 かつて「浅草橋ヤング洋品店」に龍虎が登場する折、水道橋博士が「ドラゴンタイガー!」と絶叫していたのを昨日のことのように今はっきりと思い出す。何でもないようなことが幸せだったと思う。THE 虎舞竜。

 なお、タイガー&ドラゴンということでクレイジーケンバンドを思い出したファンのみなさんは、横山剣の「俺の好きな女」という連載をご覧ください。そして別にもう、この記事には金輪際戻ってこなくていい。

 俺と剣のどっちを取るの? セクシーなのキュートなのどっちが好きなの?

ドラゲナイ、ドラゲナイ。

 さらにはこんな竜も登場するわけだが、まだまだ油断しちゃいけないよ!

このジャケット、もうちょっとレイアウト考えてあげてもいいんじゃないのか。たかしは袖の柄を見せたいんだから。

 竜の柄だけでいくつ着物を持っているのだろうか。

埴谷雄高の本名は般若豊だってみんな知ってたか? 俺は『死霊』、5ページ目まで読んだところであっさり挫折したよ。

 般若! ズクダンズンブングン、ズクダンズンブングン。たかしはうっすらと微笑みを浮かべているけれど、これは明らかに威嚇である。よく分からないけど何か悪いことしたんなら謝ります! ふざけた原稿書いてごめんなさい! 私バカよね、おバカさんよね。

 ……とか言いつつ反省するつもりはゼロなので続ける。気がついたら焼酎のボトルが一本空いている。

 しかし、ここまで同じポーズのジャケットが並ぶと壮観である。もはやコンセプチュアルアートだ。ワタリウムか原美術館あたりで展覧会やってくれないか。

 実をいうと、ここまで細川たかしのジャケットをさらってきて、俺はずっと不思議な既視感を覚えてきた。何だろう、このジャケット、俺はよく知っているぞ。

 ……分かった!

2019.02.17(日)
文=ヤング
撮影=平松市聖