2019年運勢のいい干支
気になる第1位は?

◆第1位「辰(たつ)年」

 今年の運勢は非常にいいです。主な吉星は紫微、龍德、紅鸞の3つで、恋愛運が最もいいですが、既婚者は注意が必要です。

 異性運がアップする吉星も2つ(紅鑾、桃花)出ていますが、この2つは意味が少し異なるので注意が必要です。

 紅鑾の場合は結婚、しかし桃花の場合は、愛人関係、不倫問題などに関わってしまいます。独身者の場合は、相手を結婚対象とするのは問題ないでしょう。

 仕事運は絶好調です。何をやってもうまく進みます。

 健康運、金運、投資運もいいですが、忙しすぎて集中力に欠けてしまう恐れがあるので気を付けてください。忙しさの為物忘れが多くなりそうです。

 とにかく忙しい1年ですが、友人にも恵まれ、恋人もできます。寝不足気味になりそうなので、時間があればしっかり睡眠をとる様にしてください。

 また今年は裁判に巻き込まれやすくなっていますので、決して保証人にならない様にしてください。

 警察にも検問されやすくなっています。罰金を支払わなければならない暗示も出ています。

 経営者の場合は政府にチェックされやすくなっています。公務員からの嫌がらせも受け、何かと気分を害されそうですが、大きな問題にはなりません。

 総合的に言えば吉星が80%、凶星が20%で、寅年を抜いてトップとなります。

 運がいい月は、8月、9月、12月です。この3か月はとにかく運勢がアップします。

 10月は裁判などの問題も起きやすくなっていますので注意してください。

 4月は家庭内が騒々しくなるかもしれません。既婚男性の場合は決して他の女性と親しくならない様にしてください。
 
 未婚者の場合は、今付き合っている相手に決めるか悩んでいるうちに、結果として失ってしまうという可能性もあります。

矢作 晃之(やはぎ てるゆき)

埼玉県出身。最近は会う方から「日本語上手ですね」と言われますが100%日本人です。日本での台湾関連旅行会社勤務を経て中国語の勉強の為に30代で中国語レベルゼロからの留学を決意。その後、初めてコーディネーターという仕事に巡り合い、台湾で会社を立ち上げおかげさまで10年を超えました。
現在はTVロケや雑誌取材のコーディネーターとして日々たくさんの方に新しい台湾を一生懸命探しながら紹介いたしております。CREA WEB読者の皆さんに喜ばれる、使える、役に立つ情報を発信させていただこうと思っておりますのでどうぞ宜しくお願いいたします!!

Column

台湾ぶらぶら食べ歩き

現地在住の日本人コーディネーター矢作晃之さんがお伝えする、台湾グルメてんこもりレポート!
高級レストランからB級グルメまで情報満載です。

2019.01.30(水)
文・撮影=矢作晃之

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!