蜂谷隆之の手塩皿

 手のひらに乗る珍しいサイズの漆の手塩皿。“漆皮”という、動物の皮を漆で塗り固めた飛鳥時代から続く古い技法でつくられている。

「トランプのように小さなサイズと、いろいろな幾何学模様のモチーフが描かれているのがおもしろいと感じました。干菓子を乗せてみたりしてもいいかもしれません」

蜂谷隆之

urusi88@gmail.com

●紹介してくれたのは……
森岡督行(もりおか よしゆき)さん

森岡書店店主。銀座にある“週に一冊の本を売る本屋”がコンセプトの「森岡書店」店主。器好きで、21_21 DESIGN SIGHT『雑貨展』や、資生堂ギャラリー『そばにいる工芸』展など、工芸に関する企画協力を行う。

2019.01.13(日)
Text=Tomoko Yanagisawa
Photographs=Tomokatsu Noro(TRIVAL)
Styling=Nobuko Nakayama(peddle)

CREA 2019年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

居心地のいい部屋。

CREA 2019年1月号

巣ごもりしたくなる、幸せ
居心地のいい部屋。

定価780円

好みや条件は人ぞれぞれでも、「このままずっとこもりたい……」と思えるような部屋だと、結構幸せな気がします。キーワードは「居心地のいい部屋」。お宅拝見からアイテム選びまで、新しい年を気持ちのいい部屋で迎えるヒントが詰まった1冊です。