食卓に欠かせない器。選択肢はたくさんあるけれど、毎日が豊かになる器とは? 資生堂ギャラリーなどの工芸に関する企画協力を行う、森岡書店店主の森岡督行さんにおすすめの器を紹介してもらいました。


長野史子のグラス

 ガラスで器やオブジェをつくる長野さん。

「あえてサイズを揃えないという器は、どれも一点もので造形も楽しめます」。

 森岡さんのお気に入りは赤色のもの。色の重なる部分の変化が魅力。

寺田美術

所在地 東京都港区南青山6-6-22 TRD南青山3F
電話番号 03-6427-6522
営業時間 13:00~19:00
定休日 日・月・祝日(火曜は予約制)
http://teradabijyutsu.jp/index.html

2019.01.09(水)
Text=Tomoko Yanagisawa
Photographs=Tomokatsu Noro(TRIVAL)
Styling=Nobuko Nakayama(peddle)

CREA 2019年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

居心地のいい部屋。

CREA 2019年1月号

巣ごもりしたくなる、幸せ
居心地のいい部屋。

定価780円

好みや条件は人ぞれぞれでも、「このままずっとこもりたい……」と思えるような部屋だと、結構幸せな気がします。キーワードは「居心地のいい部屋」。お宅拝見からアイテム選びまで、新しい年を気持ちのいい部屋で迎えるヒントが詰まった1冊です。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!