「アイロン台を出すのが面倒」「衣類のにおいを取りたい」といった悩みを解消してくれる衣類スチーマー。忙しい朝もサッと手軽に使えて便利なアイテムですが、場所によってはコードが気になりますよね。

 そんな中、コードレスでも使える2WAYの衣類スチーマーが登場しました!

用途に合わせてケアできる

東芝ホームテクノ「La・Coo-S TAS-X4」

13,800円(税抜)
https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/irons/steamer/tas-x4.html

 それがこちら、東芝の「La・Coo-S TAS-X4」です。

 最大の特徴は、コードレスでも、そして電源コードにつないでも使えるところ。

 シャツやブラウスなど薄手の衣類はコードレスでサッと、コートやジャケットなど厚物の衣類や深いシワが入っているものは電源コードを接続。

 時間を気にせず時間をかけてたっぷりとケアすることができるのです。

 一般的な衣類スチーマーは、タンクの水を気化室(スチームを発生させる空間)に送り込むために電動のポンプを搭載。ポンプのスイッチを押してスチームを発生させています。

 「TAS-X4」は水タンクや気化室の配置を見直し、レバーを押すことで開くバルブ(弁)を新たに開発。これにより、ポンプなしでも安定して水を気化室に送り込むことができ、連続スチームを発生させることができるようになりました。

 コードレスで使用する場合は1回の給電で最長約1分30秒、電源コード接続時は最長約7分10秒スチームが持続します。

 また、スチーム量は「シャワースチーム」(最大約12ミリリットル/分)と、「スチーム」(最大約9ミリリットル/分)の2段階で調節可能。衣類に合わせて切り替えることができます。

2019.01.04(金)
文・撮影=善村苑香

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!