アットゥシ

 アイヌ文化として豪快な伝統衣装を真っ先に思い浮かべる人も多いはず。その生地となるアットゥシは豊かな森の恵みと精魂込めた手仕事が生み出す奇跡のような逸品だ。


大自然とともに生き続ける
手仕事の珠玉

藤谷るみ子さん作の二風谷アットゥシ。反物 300,000円~(藤谷民芸)。

 かつて北前船の船頭たちが仕事着として重宝し、今なお歌舞伎の世界では人気演目に欠かせない衣装として愛されているアットゥシ。

 そんな豪快かつ絢爛な着物としてのイメージとは裏腹に、アットゥシ織りは極めて慎ましやかで、根気のいる作業の連続だ。二風谷では機織り機も100年以上の昔と変わることのない、持ち運べるほど簡素なものを使用する。

この道約半世紀の藤谷るみ子さん。アイヌ刺繡も手がけている。

 アットゥシ織りは、まず素材作りから始まる。ニレ科の落葉樹オヒョウなどの樹皮をはがし、釜で煮ては洗い、干し、さらに細く裂いて撚り、1本の糸が紡ぎ上がったところでようやく機織りに取り掛かれる。もちろんすべてが手作業だ。

 そして1日に織り進められるのはわずか1メートルほど。こうして生まれる反物は、強靭で通気性に優れ、水にも強い。生成りの美しさもさることながら、二風谷の草花で染めた繊細な色彩も素晴らしい。

左:糸玉作りには、織る以上の手間を要する。よもぎ、マリーゴールドなど、様々な草花が繊細で鮮やかな色彩を生む。
右:工房には自身で制作した“アットゥシアミプ(着物)”が。

 精魂込めたものには良い魂が宿る。アットゥシは、そうしたアイヌ文化の珠玉なのだ。

母から娘へと
守り継がれる技

左:子どものころからアットゥシ織りに関わり続け、「糸に触れているときがいちばん楽しい」と語る貝澤雪子さん。機織りをするそばには愛猫のハナちゃんが。先日は貴重な伝統文化の継承に貢献した人物に贈られる「伝統文化ポーラ賞」を受賞した。
右:母の雪子さんからアットゥシ織りを学んだ関根真紀さん。女性としては珍しく、二風谷イタの制作も手がけている作家で、アイヌ伝統の技法と意匠をベースにしながら、新しいスタイルの作品作りにも挑戦している。

【取材協力】
北海道観光振興機構

https://www.visit-hokkaido.jp/

取材・構成・文=矢野詔次郎
撮影=小野祐次
地図製作=シーマップ

この記事の掲載号

知られざる世界美術館の旅

CREA Traveller 2019年冬号

知られざる
世界美術館の旅

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。