【BLはかたい職種にも
 よく似合う。】

 BLマンガの大人気設定はふたつあります。ひとつは学生や先生を主人公とした学園もの。もうひとつは社会人を主人公にした仕事ものです。時代劇やファンタジー、SFなどの設定もありますが少数派。また、ファンタジー設定の中で学校に通っていたら学園マンガに、SF設定でも働いているなら仕事マンガに括ることも可能。以前にも書きましたがBLの仕事マンガには、さまざまな職種が登場するので主人公たちの仕事ぶりを堪能しつつ、萌えることができておすすめです。

 働く男のBLといえば「西田東」でデビューし、のちに改名した西田ヒガシさんです。2002年に初単行本を出して以来、“東”時代のリーマンBLも傑作揃いで、西田さんは30代の働く中年男の恋愛を描いた先駆者です。『夜が終わるまで』は、地に足が着いた作風と台詞回しのよさで知られる西田作品の中でもミステリー要素が強く、恋の行方に事件の謎が加わってドキドキ感も2倍。検事の日浦は、司法研修所で同期だった弁護士の影山と裸で抱き合う夢を見た。じつは最近、日浦は繁華街でケンカして川に遺棄されたとみられる影山の事件を担当することになったのだ。肝心の影山の死体は川から上がらず、しかし過去の経験から生きているなどと露ほども楽観できない。不穏な日々が続く中、日浦は影山そっくりの弟と会う。弟は日浦に兄がとても性に奔放なゲイだったことや容姿を気にしてプチ整形したことを露悪的に暴露した。が、逆に日浦はそんな不完全な影山に無性に会いたくなる。弟は影山本人なのか? それとも? 謎が謎を呼ぶ展開は何度も読み直したくなります。

『夜が終わるまで』(全1巻)

働く男のBLを描かせたら第一級。華やかで社交的な弁護士×生徒会の副会長系検事のミステリー仕立ての恋愛模様。お互いそれぞれに情けないのが素晴らしい。ダメなところを曝け出しても好きでいてくれる相手がいるって、大人のドリームだ。
西田ヒガシ 祥伝社 650円
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

福田里香(ふくだりか)

お菓子研究家。『R先生のおやつ』(文藝春秋)、『まんがキッチン おかわり』(太田出版)、文庫版『まんがキッチン』(文春文庫)が好評発売中。

Column

BLマンガ基礎講座

BLはボーイズラブの略。ざっくり定義を述べると「主に女性の読者に向けて描かれた男同士の恋愛をテーマにした作品」。実は名作が満載のこのジャンル、食わず嫌いはもったいない!

2018.10.30(火)
文=福田里香

CREA 2018年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

きれいな肌になる名品。

CREA 2018年10月号

肌がいいと、気分も上がる
きれいな肌になる名品。

定価780円

タイムレスでエイジレスな言われてうれしい褒め言葉、「肌がきれい」。美容のプロたちが本気で選んだ「ベスト・オブ・リピートコスメ2018」、新作アイテムでつくる「肌がきれいになるメイク」、そして「仕草も美しくなる贈りもの」などなど。肌も心もご機嫌になるアイテム満載の1冊です。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!