進化型ホテルのコンセプトは
“カジュアル ラグジュアリー”

 洗練されたデザイン、質の高いサービスやホスピタリティ、ホテルのある街を感じる非日常体験、そして、本物にこだわる空間づくりをテーマにした、オリックスグループが手掛けるオリジナルホテルブランド「クロスホテル」。

 札幌、大阪に続く3館目、クロスホテル京都が河原町三条に2018年9月25日(火)にグランドオープンした。

伝統的な京町屋の「奥座敷」として捉え、現代的な土間や木の格子を取り入れたロビーラウンジ。

 京都のコンセプトは、クロスホテルのテーマを満たし、さらに、国、文化、歴史などにとらわれない、新しい発見につながる進化型の“カジュアル ラグジュアリー”だ。

 ホテル内の各所に飾られたアート作品や、1階レストラン&バーにある世界中を旅してコレクションしたというテーマで陳列している各国のオブジェなどが、ゲストの感性を満たし、刺激する。

アンティークな小物などに囲まれたバーラウンジ。レストラン&バー内の随所に設えられた、アンティーク小物、古地図、京都という土地の記憶を伝えるポップアートなど、さまざまなピースがノスタルジーを感じさせながら、新しさを表すアイコンになっている。

 「京感(共感)」と「木(気)づかい」をテーマにした客室は、4タイプ全301室。

 温かみのある木材や柔らかな質感の和紙などを使用し、落ち着きある空間を造りだしている。全室に独立したバスルーム・トイレ・洗面を採用。そしてバスアメニティには、イギリスのスパブランド「ilā(イラ)」を日本のホテルで初めて採用している。

デラックスルームの例。全客室に、ダイソンのハイジェニック ミスト加湿器を完備するなど、日本のシンプルな伝統美に現代的な機能性を調和させた快適空間。

 朝食からバータイムまで営業するオールデイダイニングの「KIHARU Brasserie」は、エリアごとに趣向を凝らしたデザインが施されている。

 エントランスに入ると、和傘を模した天井の下にバーカウンターが広がり、レセプション横にはプライバシーにも配慮された落ち着いたバーラウンジが。そしてダイニングスペースには開放的なテラス席や泡のような照明が印象的なハイチェア席、ゆったりとしたテーブル席に分かれていて、さまざまなシーンで活躍すること請け合いだ。

レストランの入り口、天井の和傘が印象的なバーカウンター。オールデイダイニングの「KIHARU Brasserie」では時間帯で異なるメニューを提供。バーでは、京都のクラフトビールや日本のレアなウィスキーなどもいただける。

 今後は、ロビーラウンジを舞台に、ライブイベントや展示会などを企画する予定だとか。クロスホテルの名の通り、音楽や文化に、そして人びとが出会い、交差する場所として、京都の町の新しい情報発信基地としても注目が高まる。

クロスホテル京都

所在地 京都市中京区河原町通三条下る大黒町71-1
電話番号 075-231-8831
https://www.crosshotel.com/kyoto/

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒、大石晴菜(ブレーンシップ)