vol.16 TIFFANY & CO.(ティファニー)
リング「ティファニー ペーパーフラワー」

左:リング(小指)「ティファニー ペーパーフラワーダイヤモンド クラスター リング」(PT×ダイヤモンド) 990,000円、(薬指)「ティファニー ペーパーフラワー オープン フラワー リング」(PT×ダイヤモンド) 780,000円(共に予定価格)/ティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)。ニット 86,000円/ジョン ローレンス サリバン
右:ジュエリーは左と同様。トップス 19,000円、スカート 28,000円/JEAN_NERET(ショールーム セッション)

 ジュエリーの中では、定番とも言えるフラワーモチーフ。どのブランドにも必ずと言っていいほど、フラワーモチーフのジュエリーがありますが、デザインによってエレガントなのか、凜としているのか、モダンなのか、テイストはさまざまです。

 ティファニーの新作「ペーパーフラワー」は、新しいチーフ・アーティスティック・オフィサーであるリード・クラッコフの描く、モダンな花が印象的。紙を切り抜いてピン打ちしたという架空の花をモチーフにしたリングからは、繊細でありながら、NYらしいエナジーと芯の強さが感じられます。ダイヤモンドのオーソリティであるティファニーらしく、最高のクオリティのダイヤモンドを使い、高度な職人技で仕上げたリングは、ジュエリーらしい正統感が漂い、経験値を積んだ大人の女性がさりげなくつけるのにぴったり。シャープな仕事服のアクセントにするのも素敵ですが、私はあえてニットでカジュアルにスタイリングしてみました。フラワーという永遠のモチーフだからこそ、「自分ならどうつけるか」にこだわることがとても大事。ただ可愛いだけじゃない、成熟した可憐さを表現するために、あえて小指につけてみたのもそのためです。ジュエリーは、個性を表現するものだからこそ、どうつけるのかまでこだわることで、その人らしさが浮かび上がってくると思います。

薬指につけたリングは一筆書きのようなオープンワーク、小指につけたリングは、大小のダイヤモンドがランダムに輝く複雑な光が印象的。厚みのないデザインが軽やかな雰囲気を醸す。

伊藤美佐季(いとう みさき)

ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を活かしたスタイリングは、女性誌のほか多くの女優からも支持が厚い。ジュエリーに関する講演などでも活躍。

Column

伊藤美佐季のセンス・オブ・ジュエリー

ジュエリーディレクターの伊藤美佐季さんが指南する、大人のためのジュエリーの選び方と、つけ方のエッセンスを連載でお届けします。

2018.09.16(日)
Styling=Misaki Ito
Photographs=Masami Naruo(SEPT)
Make-up=Nobuko Maekawa(Perle Management)
Hair=Nori Takabayashi(YARD)
Text=Miwako Yuzawa

CREA 2018年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

きれいな肌になる名品。

CREA 2018年10月号

肌がいいと、気分も上がる
きれいな肌になる名品。

定価780円

タイムレスでエイジレスな言われてうれしい褒め言葉、「肌がきれい」。美容のプロたちが本気で選んだ「ベスト・オブ・リピートコスメ2018」、新作アイテムでつくる「肌がきれいになるメイク」、そして「仕草も美しくなる贈りもの」などなど。肌も心もご機嫌になるアイテム満載の1冊です。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!