入場口の1つ22番ゲートには今回のコンサートのスポンサーであるシーザーズ・エンターテインメントのブースが設置された。開演直前にはパネルをバックに記念撮影をする多くのファンの姿も見られた。

 6月26日、東京ドームに集まった数万人の観客たちは皆期待に胸を膨らませていた。

 この日は世界的歌姫セリーヌ・ディオンの来日公演『Celine Dion Live 2018 in Japan』の開催日。約10年振りとなるこのコンサートは多くのファンが待ち望んでいたもの以上の素晴らしいライブとなった。

ライブ中盤ではストリングス隊とコーラスとともにアコースティックメドレーも披露。カバー曲なども合わせ、大いに会場を沸かせた。Photo:Yoshika Horita

 ライブは自身初の全米No.1シングルとなった「パワー・オブ・ラブ」からスタート。

 ストリングスとホーンセクションをバックに力強い伸びやかな歌声を響かせると場内からは大歓声が。10年待ち望んだファンは感無量といったように歌声に聞き入っていた。

 セリーヌもこの日を待ち望んでいた様子で、2曲目の「ビコーズ・ユー・ラブド・ミー」の終盤では「一緒に歌いましょう!」と呼びかけ。観客との大合唱にドーム全体が包まれ、早くも盛り上がりは最高潮に達した。

 パンツ・スーツから装いを一変し、ロング・ドレスでの演奏となった「ビューティー・アンド・ザ・ビースト」では、大人の女性を表現。曲ごとに世界観を表現するこの日のアクトはまさにセリーヌ・ディオンの集大成と言える濃密な時間だった。映画映像をバックに歌い上げた1年2カ月ぶりの新曲となる「アッシュズ」は思わず息をのむ素晴らしさ。光と影で演出されたハリウッド映画さながらのパフォーマンスに、場内からは一際大きな歓声が上がっていた。

ゴールドのパンツ・スーツで熱唱するセリーヌ。この衣裳の他にもゴージャスな黒のロングドレスに身を包むなど、衣裳チェンジを5回も行い、ビジュアルでもファンを魅了した。Photo:Yoshika Horita

 およそ1時間45分、22曲に渡った夢の時間の締めくくりは映画「タイタニック」の主題歌として日本でも大ヒットした「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」。ピンクのドレスに身を包んだセリーヌの神々しい姿はまさにファム・ファタール、歌の妖精のようだ。

 歌の素晴らしさもさることながら、ライブで特に印象に残ったのはセリーヌのユーモア溢れるMCや愛くるしい仕草。「ちょっと緊張しています」とはにかんだり、「ここで歌うことができて本当に幸せ」とファンに感謝したりとどこか親近感を感じさせる彼女の姿は新鮮で、またライブに行ってみたいと思わせるものだった。

 今回のコンサートをスポンサードしたシーザーズ・エンターテインメントは、今後も引き続きセリーヌ・ディオンの活動をサポート。ラスベガスのシーザーズ・パレスにあるコロセウムにて定期的にコンサートを行う予定だ。ますます魅力的な彼女のパフォーマンスを本場ラスベガスで堪能してみるのもいいかもしれない。

●お問い合わせ
シーザーズ・エンターテインメント

https://www.caesars.co.jp/

2018.07.19(木)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!