大猷院 二天門が美しく蘇って
6年ぶりにお目見え!

大猷院
Taiyu-in

 日光の寺院で大規模に進められている修理・改修。それらがようやく終盤を迎え、この春からは待望だった大猷院の重要文化財・二天門の公開が始まりました!

今年4月末、長い改修を終えて蘇った重要文化財・二天門。階段の下から見上げると、その勇壮さはひと際。陽光を浴びる青葉とのコントラストも美しい。

 徳川三代将軍・家光公の霊廟である日光山 輪王寺 大猷院。

絢爛な装飾は、日光の寺院ならでは。

 世界遺産・日光の社寺を構成するなかで重要な価値をもち、境内には22もの国宝・重要文化財が林立する。

門の中から境内を望む。さっと通り過ぎず、随所に施された装飾をじっくり堪能したい。

 壮麗なのが日光最大の門としての威容を誇る重要文化財・二天門。このたび約6年にわたる改修を終え、拝観者の前に麗しい姿でお目見え。朱塗りの輝きも新しく、持国天・広目天の二天様の表情も鮮やか。いち早く拝みに出かけたい。

左:“お色直し”が済んだばかりの持国天。
右:赤色の広目天。足元を見ると踏みつけられた天邪鬼が。月日とともに朱塗りの門も二天様も風格を増していくので、この鮮麗な姿を目にできるのも今だけ。

大猷院

所在地 栃木県日光市山内2300
電話番号 0288-53-1567
開院時間 8:00~17:00(11月~3月は16:00まで)
※閉門30分前まで受け付け
入場料 大猷院券 550円、日光山 輪王寺 三仏堂・大猷院セット券 900円
http://rinnoji.or.jp/


Go Go! Nikko
夏の日光ニュース

ベルギー王国大使館別荘。

●ベルギー王国大使館別荘が6月25日(月)まで
 土・日・月曜限定で特別公開

別荘建築90周年を記念して、通常は非公開のベルギー王国大使館別荘が2018年6月25日(月)までの土・日・月曜限定で特別公開。また、6月30日(土)までは、国際避暑地日光 皇室・大使の別荘めぐりスタンプラリーも実施中。東武日光駅、日光郷土センターなどで台紙をゲットして気軽に参加したい。(栃木県自然環境課)


●日光市内で6年ぶりに
 クラフトビール製造が復活!

4月に日光ブルーイングby三本松茶屋、今夏までにマァマー・ビールスタンドが誕生予定。


●日光土産のニューフェイス
 日光湯波おかきが今春デビュー

湯波を練り込んだ揚げおかきで、フレーバーは醤油、塩、一味唐辛子の3種。日光周辺の駅やホテルなどで販売中。

特急「リバティ」

アクセス:東武日光・鬼怒川温泉へ

⇒浅草から東武特急「リバティ」「スペーシア」に乗って約2時間

中禅寺湖へ⇒東武日光駅から東武バスで約45分

栃木県自然環境課

電話番号 028-623-3211


日光市観光協会

電話番号 0288-22-1525


●鉄道に関するお問い合わせ先:
 東武鉄道お客さまセンター

電話番号 03-5962-0102
営業時間 8:30~19:00(年中無休 ただし年末年始を除く)
http://www.tobu.co.jp/

構成・文=矢野詔次郎
写真=小野祐次

この記事の掲載号

南イタリアの誘惑

CREA Traveller 2018年夏号

異国情緒が溢れる、つま先とかかと
南イタリアの誘惑

特別定価1,200円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2018年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。