湖を眺めながら優雅にお茶を

英国大使館別荘記念公園
British Embassy Villa Memorial Park

中禅寺湖を望む広縁に置かれたソファは、この絶景を楽しむ特等席。

 日光を愛した英国外交官アーネスト・サトウが個人の別荘として1896年(明治29年)に建て、後に正式に英国大使館別荘となった空間を復元して一般開放。

 ティールームでは、英国大使館のシェフがレシピを監修したスコーンと紅茶のセット(1,500円)を優雅に味わえる。

2008年まで別荘として使われていた館内には、日光の自然を愛したアーネスト・サトウの生涯を辿る展示が。

英国大使館別荘記念公園

所在地 栃木県日光市中宮祠2482  
電話番号 0288-55-0880
開園時間  9:00~17:00(4月、11月11日~30日は16:00まで)
休園日 月曜(祝日の場合は翌日)※6月~10月は無休、12月~3月は閉館
入館料 イタリア大使館共通券 300円(英国のみ 200円)
https://www.nikko-nsm.co.jp/

名建築家が手がけた風格ある別邸

イタリア大使館別荘記念公園
Italian Embassy Villa Memorial Park

フランク・ロイド・ライトのもとで学び、その後、数々の名建築を残したA・レーモンドの作品のひとつ。今夏からは、外装の修復作業が行われる予定。

 英国大使館別荘から徒歩数分のところには、1928年(昭和3年)に建てられたイタリア大使館別荘が。

売店では“ガルヴァニーナ”のジュースや“ボッテガ・バーチ”のジャムなどを販売。

 外交官であり建築家としても知られたアントニン・レーモンドによる設計で、杉皮張りの内装など、日光の自然との調和を考えた独自のデザインが見事だ。

大使が実際に使用した食器が並ぶダイニング。

 隣接する副邸も国際避暑地歴史館として公開されている。

天井の杉皮が美しい模様を描くリビング。

イタリア大使館別荘記念公園

所在地 栃木県日光市中宮祠2482  
電話番号 0288-55-0880
開館時間 9:00~17:00(4月、11月11日~30日は16:00まで)
休館日 月曜(祝日の場合は翌日)※6月~10月は無休、12月~3月は閉館
入館料 英国大使館共通券 300円(イタリアのみ 200円)
https://www.nikko-nsm.co.jp/

構成・文=矢野詔次郎
写真=小野祐次

この記事の掲載号

南イタリアの誘惑

CREA Traveller 2018年夏号

異国情緒が溢れる、つま先とかかと
南イタリアの誘惑

特別定価1,200円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2018年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。