素肌に触れる起毛まで
計算された、なめらかな着心地

木材パルプの原料はユーカリ、松、綿花の枝など。

 パタゴニアといえば、環境に配慮してオーガニックコットンしか使わないことで知られるが、新コレクションが目指したのはその先。オーストリアを拠点とするレンチング社の協力のもと、〈木材80%+端切れをリサイクルしたコットン20%〉の新素材リフィブラ・リヨセルを採用。原料の木材は、循環型生産の中で製造される木材パルプ。そこから危険な化学品を使わずに取り出されたセルロース繊維と、繊維化したリサイクル・コットンを組み合わせ、さらにこれまでのリサイクル素材では難しかった、なめらかな着心地も実現させた。

 コレクション全体はシンプルさを念頭にデザインされ、ソフトで光沢のある素材は、体に触れるとシルクのような感触。通気性と吸湿発散性も備え、旅先でも、街の日常シーンでも活躍する。こんな服があれば、〈自然と共生する社会〉はきっと、もっと身近になる。

【お問い合わせ先】
パタゴニア日本支社 カスタマーサービス

フリーダイヤル 0800-8887-447
http://www.patagonia.jp/

2018.06.15(金)
Photographs=Shinsaku Kato〈still life〉, Kate Holstein
Styling=Kiyomi Shiraogawa
Cooperation=SCRAP PAGES, PROPS NOW

CREA 2018年7月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

やっぱり、またハワイ。

CREA 2018年7月号

いつでも幸せ&リラックス
やっぱり、またハワイ。

特別定価800円

青い海を満喫できる穴場スポット「オアフ東エリア」への遠足から、ローカルヌードルのサイミン食べ比べ(フライドサイミンはとくにハマります!)、スーパーマーケットの活用法まで、ディープな楽しみ方を詰め込みました。今注目のハワイ島ページもお見逃しなく!

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!