新しいこと、楽しいことがいっぱいの、2012年のロンドン。ここでは、リアル・ロンドンを体感できる話題のホテルを3日連続でご紹介。今日は昨年4月にオープンした、“ブリティッシュネス”がテーマのこのホテル。

>> 第1回 ニューオープンした話題のブルガリのホテル
>> 第2回 この老舗ホテルこそ、“ザッツ・ロンドン”!

インテリアもおもてなしも今の気分は“ラブリースタイル”

ザ・ゼッター・タウンハウス

 デザイナーやファッション関係の人々が多く利用するこぢんまりしたホテルは、センスのよい調度品を個性的に配しながら、くつろげる空間を提供している。それはまるで、エキセントリックなアンティーク収集家の個人宅のよう……。

オークションで買い集められた多くのアンティークの品々が、所狭しとラウンジを飾っている

<次のページ> ヴィンテージアイテムを使った古くて新しいインテリアが魅力

photo:Yuji Ono / Akemi Kurosaka
text:Mamiko Izutsu / Satsuki Ohsawa / Kazuyo Yasuda

この記事の掲載号

優雅なる英国へ。

CREA Traveller 2012年夏号

湖水地方、北イングランド、ロンドン
優雅なる英国へ。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2012年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。