新作で演じた
元気でおバカなポジティブ社長

――最新出演映画『50回目のファーストキス』では、山田孝之さん演じる主人公が勤めるハワイのツアー会社社長・味方和彦を演じられています。

 オリジナル(アダム・サンドラー主演の同名映画)には登場しないキャラなんですが、福田さんとは、衣装合わせのとき「元気でおバカなポジティブな社長ですよね」と話しただけなんですよ(笑)。個人的には、ハワイのベースというか、「ハワイってこんな感じなところ」っていうのを表現できればいいと思っていました。「フル・モンティ」に続いて、コメディながら人間の本質をズコーンと突いた福田さんの作品に出られて光栄でした。

――福田組とほかの現場との違いがあれば教えてください。

 愛に溢れているというか、みんながひとつの方向を目指しているのが分かる現場ですね。誰かが失敗したり、辛そうだったりしていると、みんながフォローし合っているのが明確に分かりながら、ヘラヘラ笑い合っている。それは、めっちゃ気を遣ってくれる福田さんの人柄からじゃないでしょうかね。それに、現場でいちばん監督が楽しそうなんですよ。ヘタすれば、本番でも笑ってしまって、ほかのスタッフに注意されるぐらい(笑)。

<次のページ> 面白い役に出会えたら

2018.05.18(金)
文=くれい響
撮影=松本輝一

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!