地方の老舗工場オリジナルのアイテムや作家によるオーダーメイド、海外からの買い付け品……。いま、全国に広がるアウトドアのセレクトショップの注目株を紹介。

» 他のアウトドアショップを見る

既製品にはない
本当に欲しかったものが手に入る

[東京都・神楽坂]
◆MT.FABs (マウント ファブズ)

小川氏と粟津氏が、色のアレンジなど可能な限りその場で対応してくれる。

 独立系アウトドアガレージメーカーであるOGAWANDの小川隆行氏とWANDERLUST EQUIPMENTの粟津創氏の工房を兼ねた店。

WANDERLUST EQUIPMENTのザックは日常使いしたくなるかわいいデザインも魅力。

 既製品に満足できず、“できる限り軽くシンプルに”など自分たちの理想を追求した、国内10のガレージメーカーのアウトドアグッズが並ぶ。

カーボンフェルトを使った途中消火、火力調整可能なアルコールストーブ。Sanpo's Fun Lite GearのSanpo CF Stove 9,500円
左:作り手自ら染めて編んだ釣りに使うたも網。オーダーメイドも可能。off craftのハンドメイドランディングネット 17,000円
右:ストレッチ生地を使用したフィット感抜群の“腰巻きサコッシュ”。肩がけにもできる。OGAWANDのWrap Sack 3,889円

 一般的な既製品と比べて同じ容量で重さは半分以下のザックなど、使い勝手のよいグッズが本物のアウトドアファンを虜に。

一軒家の2階に店を構える。

MT.FABs(マウント ファブズ)
所在地 東京都新宿区水道町1-18 2F
営業時間 16:00~21:00 
定休日 金~火曜

2018.05.19(土)
Text=Hiroya Ishikawa
Photographs=Asami Enomoto

CREA 2018年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

アウトドアのいいもの150。

CREA 2018年6月号

OUTDOOR, BEST OF BEST 150
アウトドアのいいもの150。

定価780円

「この特集に、もっと早くに出会いたかった!」。一冊を作り終えた現在の心境です。目の前の6月号には、「自分で作った雑誌に、かつてこれほど付箋をつけたことがあったかな」と驚くほどの量の付箋が……。もう、欲しいものばかり。〈アウトドアのいいもの〉が教えてくれた、「徹底的に機能性を考えるとデザイン的にも洗練される」という発見。今年いちばんワクワクしました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!