地方の老舗工場オリジナルのアイテムや作家によるオーダーメイド、海外からの買い付け品……。いま、全国に広がるアウトドアのセレクトショップの注目株を紹介。

» 他のアウトドアショップを見る

普段使いできるアイテムも
充実しているからおすすめ

[埼玉県・さいたま]
◆Rimba (リンバ)

広さ40平米の店内にアイテムがぎっしり。宝探しをする感覚で、自分好みのアウトドアグッズを見つけたい。

 趣味で登山やキャンプ、自転車などを楽しんでいたオーナーが2008年に始めた店で、昨年、移転リニューアルオープン。

国内外ブランドのバックパックが揃う。
浦和駅と南浦和駅の中間ほどの場所に店を構える。

 友人の手を借りながら日本家屋をDIYでリノベーションした店内には、アウトドアのジャンルにかかわらず、普段でも使えるアイテムが揃う。

上:奈良県の老舗工場が作るNISHIGUCHI KUTSUSHITAの靴下。サラサラした素材感が心地よい。各1,200円
左下:縦にも横にも広がるRawLow Mountain WorksのTibitibi Tote。容量0.5~2L W18cm×H12.5~18cm×D2~10cm 各6,156円
右下:クラフトビール製造元の依頼で作られたShine Craft Vesselのボトル。2重のパッキンで炭酸を保持。750mL 各4,600円

 ちなみに店名のRimbaはインドネシア語で森や森林の意味。商品で埋め尽くされた空間で、アウトドアグッズの森を探索するかのように買い物を楽しめる。

フタをロックできるMSRのアルパイン ストアウェイポットは、鍋にも容器にもなる優れもの。日常使いにも重宝する。

Rimba(リンバ)
所在地 埼玉県さいたま市南区大谷場2-2-38 
電話番号 048-708-8104
営業時間 12:00~20:00、日曜 ~19:00
定休日 水曜
http://urawa.rimba.jp/

2018.05.17(木)
Text=Hiroya Ishikawa
Photographs=Kiichi Matsumoto

CREA 2018年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

アウトドアのいいもの150。

CREA 2018年6月号

OUTDOOR, BEST OF BEST 150
アウトドアのいいもの150。

定価780円

「この特集に、もっと早くに出会いたかった!」。一冊を作り終えた現在の心境です。目の前の6月号には、「自分で作った雑誌に、かつてこれほど付箋をつけたことがあったかな」と驚くほどの量の付箋が……。もう、欲しいものばかり。〈アウトドアのいいもの〉が教えてくれた、「徹底的に機能性を考えるとデザイン的にも洗練される」という発見。今年いちばんワクワクしました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!