4月は茶摘みの季節。一年の中で、もっとも上質のお茶といわれる春茶が出回り始める季節でもあります。

 台北市内近郊にも、お茶の産地があるのをご存知ですか? 市内から新交通システムMRTを使えば20分ほどで行ける「猫空」(マオコン)と呼ばれるエリアは、鉄観音茶の産地として有名です。

 エリア内にはたくさんの中国茶を楽しめる茶芸館も点在しているので、ゆったりとお茶を楽しみながらティータイムを過ごすことができます。茶葉を使った料理が食べられる店舗もあるので、台北市内と一味違った食事も可能。お茶好きの皆さんにはたまらない、最高のお茶処「猫空」をご紹介します。

「台北市内からのアクセス」

左:貓空纜車(ゴンドラ)動物園站駅外観 右:ゴンドラ乗り場

 新交通システムMRT文湖線の終点「動物園站」まで移動。ここで貓空纜車(ゴンドラ)に乗り換え終点の猫空まで移動します。駅到着後、お目当ての茶芸館までは徒歩またはバスで移動となります。

 終点「貓空站」までの乗車料金は一人50元(約150円)で、所要時間は約20分。乗車口は2つに分かれています。

左:ゴンドラ 右:水晶(クリスタル)ゴンドラ

 一般ゴンドラと床がガラス張りになっている水晶(クリスタル)ゴンドラの二種類があり、写真左が一般車両乗車の列、右が水晶(クリスタル)ゴンドラの乗車の列となります。一般とクリスタルの値段は一緒ですが、人気なのはクリスタル。でも車輛数が少ないので、乗るために並ばないといけないこともしばしばです。

 天気が良ければ、ゴンドラから台北市内が一望できます。

 週末などは混みあうため、1時間待ちとなる事もしばしば。なるべく早い時間に利用するのがおすすめです。

左:整理券配布はこちら 右:ゴンドラから台北市内を望む

 運行時間は火~木9:00~21:00、金・祝日の前日9:00~22:00、土・祝日8:30~22:00、日・連休の最終日8:30~21:00で、月曜日はメンテナンスの為お休みです(強風が吹いている場合なども停止となりますのでご利用前に確認されることをお勧めします)。

 なお乗車希望者が多い場合は整理券が配布されますので、建物一階の整理券配布機より整理券を入手し、乗車可能時間に再び乗り場に戻ってきてください。

 また、6月1日からメンテナンスのため運休の予定です。行かれる方はスケジュールをご確認下さい!

<次のページ> いよいよお茶の産地「猫空」に到着

2012.05.15(火)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!