日本酒はセルフ熱燗も楽しめる!

「山形県の〈朝日町ワイン ロゼ辛口〉をお出ししようと思います。遅摘みのマスカットベーリーAっていう品種を使っていて、ロゼでもちょっと濃い色ですよね。これ、私が入社した時、一番最初に買ったワインなんです」(川崎さん)

朝日町ワイン 遅摘みマスカットベーリーA ロゼ辛口(1杯250円)。

「わーっ、ピンク! キラキラしてる! では、いただきます。うわっ、めちゃくちゃ美味しい! これで1杯250円って、安すぎないですか? お気に入りになったので、ボトルで買って帰りたいかも!」

初めてのロゼワインの味わいに大満足のもなりさん。

 ロゼワインに合うおつまみを、ということで40種類以上揃えている缶詰の中から、店長の猪股達哉さんが〈豚みそ燻製〉の缶詰を選んでくれました。

三ノ輪の本店には120種も置いている缶詰類。神田店には厳選した40種を販売。
豚みそ燻製(432円)。
缶詰は温めることができるが、その方法がなかなかダイナミック!

「ワインはお肉の切り口の色調に合わせるといいんですよ。牛肉だと赤ワイン、鶏肉だと白ワインといったように、豚肉はピンク色なので、意外とロゼとの相性がいいんです」(猪股さん)

「缶詰なのにお肉が柔らかい。店長の言った通り、味噌の甘さと燻製の香りがロゼとマッチして、すごく美味しいです!」

 ロゼワインでさらに調子が上がってきたもなりさん。3杯目は初めてのセルフ熱燗に挑戦。

「福井のお酒、〈梵(ぼん) ときしらず〉をご用意しました。こちらは氷温で5年熟成したお酒で、古酒の分類になりますね。1杯目に呑んでいただいた日本酒のフルーティさに比べると、クラシックな日本酒らしい味ですね。温めると旨味が出てくるので、味のりが全然違うと思いますよ」(川崎さん)

梵 ときしらず 五年熟成酒 90cc(350円)。
燗酒にしたい時は、自分でちろりに酒を移し……。
カウンターに備え付けの酒燗器で温める。
温度計で好みの熱さに温め……。
セルフ熱燗、大成功!

「自分でつけたお燗、呑んでみますね。あ、美味しい! 熱燗にしたらどっしりと味が濃くなって。1杯目に呑んだサラッとした美味しさもいいけど、これも全然呑めちゃいます(笑)。それにしても、いろんなお酒が呑めるのは嬉しい!」

<次のページ> 温度管理や紫外線予防も徹底

2018.05.09(水)
文=宮内 健
撮影=榎本麻美