4人の自然体の魅力がいっぱい!

無邪気にじゃれ合う4人の姿、流暢な日本語でのメッセージなど、見どころが満載。

 発売中のCREA2018年5月号は「東京がもっと、きっと好きになる 100人の東京ひとりガイド。」。この特集では、WINNERがCREA初登場。デビュー以来、東京には何度も来ているというメンバー4人に、お気に入りのスポットや、東京の思い出などをたっぷり聞いている。そのメイキングムービーをCREA WEBにて特別公開!

 取材が行われたのは2月初旬の昼下がり、東京・六本木にて。

 インタビュー場所のスタジオに早めに到着すると、すでに支度を終えた4人がお菓子を食べたり、談笑したり、椅子に腰かけてスマホをいじったりと、リラックスした様子で過ごしていた。スタジオ内に取材スタッフが増えてきても、メイクルームに戻るメンバーはひとりもいない。

 カリスマ溢れるステージの一方、自然体なトークが魅力のWINNERだが、素顔も自然体すぎるほど自然だ。

 六本木の裏道を歩きながらの撮影では、日本語が流暢なスンユンを中心に、カメラマンと積極的にコミュニケーションをとっていく。ソロカット撮影中には、写りこまないように気を遣った残りのメンバーが路上の車の陰に隠れながら、遠慮がちに頭を出して、被写体となっているメンバーの様子をのぞき見る様子が微笑ましい。

 2017年は、リリースする曲が次々にグローバルなヒットとなったWINNER。2018年は、2月にリリースした日本アルバム『OUR TWENTY FOR』 が初めてオリコン最高位1位を獲得。4月5日には、韓国で待望のセカンドアルバム『EVERYD4Y』をリリース。そして、4月28日には日本武道館での初ライブも決まっている。今年もWINNERの快進撃から目が離せない。

WINNER(ウィナー)
ミュージックシーンをリードするYGエンタテインメントの、BIGBANG以来8年ぶりのボーイズグループとして2014年にデビュー。高い音楽性で知られ、17年、シングル「REALLY REALLY」が世界21カ国のiTuneチャートで1位に。2018年4月4日には、洗練された“Pop+Chilltrap”のタイトル曲「EVERYDAY」ほか全12曲を収録した、セカンドアルバム『EVERYD4Y』(KR-EDITION/日本では現在、デジタルリリースのみ)をリリースしたばかり。メンバーはボーカル&リーダーのスンユン、ボーカルで最年長のジヌ、ラッパーのスンフンとミノの4人。
http://ygex.jp/winner

アルバム『OUR TWENTY FOR』
1億ストリーミング再生突破の「REALLY REALLY」や、22カ国で配信チャート1位の「LOVE ME LOVE ME」「ISLAND」など2017年のヒット曲の韓日両バージョンに日本限定2曲を収録した全10曲。初のオリコン最高位1位獲得。
CD+2DVD 8,000円(税抜) YGEX

2018.04.13(金)
文=CREA編集部
動画撮影=松本輝一

CREA 2018年5月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

100人の東京ひとりガイド。

CREA 2018年5月号

東京がもっと、きっと好きになる
100人の東京ひとりガイド。

定価780円

東京を愛する100人の皆さんをナビゲータに、進化するホテル&ホステルから最新モーニング事情、話題のクラフトビール、看板猫にマンホール(!?) まで、今、東京でいちばん楽しい場所をご紹介します。キーワードはひとり。予約不要でふらり、気ままに春の東京を歩いてみませんか? あなただけの「東京」に出会えるはずです。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!