【昼シュワレシピ その4】

昼シュワのお供に最適な、色鮮やかなピンチョスたち。いくつか作って並べて、お好みの組み合わせでピックに刺して、楽しんで。

●お好みピンチョスA
ゆで卵とビーツのピクルス
[できあがりまで約125分]

 ピクルス液〈すし酢100cc、水50cc、にんにく薄切り1片分、ローリエ2枚、粒こしょう、コリアンダーシード各少々〉を保存袋に入れ、皮をむき小さく切ったビーツ1/2個とうずら卵の水煮20個を加えて、2時間以上漬ける。

●お好みピンチョスB
マッシュルームのレモンマリネ
[できあがりまで約35分]

 レモン汁1個分、玉ねぎのみじん切り大さじ1、塩小さじ1/2、ピンクペッパー少々を保存袋に入れ、マッシュルーム2パックを縦半分に切って加え、30分以上漬ける。

●お好みピンチョスC
オレンジオリーブ
[できあがりまで約3分]

 オリーブ数個にオレンジの皮をすりおろして混ぜ、オリーブオイルをかける。

●お好みピンチョスD
チョリソ風ソーセージ
[できあがりまで約7分]

 ソーセージ1袋を斜め切りにし、フライパンでこんがりと炒める。ワインビネガー大さじ1、パプリカパウダー小さじ1、一味唐辛子、おろしにんにく各少々を合わせておき、フライパンに加えて煮からめる。

 ピンチョスのほかに、ミニトマトやラディッシュ、バジル、ディル、モッツァレラチーズなどを添えると、昼シュワスタイリングは簡単にいっそう華やかになります。

青空の下で、シュワッと一杯。サイコーの気分になれるはず。

この夏、昼シュワするなら
まずは特設ウェブサイトをチェック!

 2018年5月7日(月)~7月27日(金)、メルシャンでは、昼シュワで大活躍間違いなしのラウンドマットやグラス、スパークリングワインが当たるオープンキャンペーンを実施します。(下記写真参照)

» 「昼シュワグッズが当たるキャンペーン」詳細はこちら

●コンチャ・イ・トロ
 サンライズ スパークリング

年間300日の太陽の恵み

 コンチャ・イ・トロ社所有の広大な9,000ヘクタールの畑の中でも、年間300日もの日照時間があるセントラル・ヴァレーのブドウだけを使った、まさに完熟ブドウの味わいのスパークリングワインです。

» サンライズ ブランドサイトへ

●コドーニュ バルセロナ1872

スペイン王室御用達ワイナリー
「コドーニュ」による日本限定ワイン

 商品名の“1872”は、カバがコドーニュによって初めて造られた年。カバの産地近くの大都市バルセロナを象徴する華やかなパッケージと本格的な味わいが、大人のホームパーティにおすすめのスパークリングワインです。

» バルセロナ1872 ブランドサイトへ

メルシャン株式会社
フリーダイヤル 0120-676-757
http://www.mercian.co.jp/

2018.05.07(月)
Realization=Shojiro Yano
Text=Tomoko Kawai
Styling=Yumi Nakata
Cooking=Sunuko
Photographs=Gorta Yuuki

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!