田中稲の勝手に再ブーム

田中稲の勝手に再ブーム

懐かしのSURFACE再始動に感涙!
B'zとは似ているようで似ていない?

最高に乗せ上手な
「歌うナンバー1営業」

SURFACEは、ヴォーカルの椎名慶治(左)とギターの永谷喬夫(右)による二人組ユニット(SURFACE公式ホームページより)。

 もうすぐ彼らが帰ってくる。

 時は今年の正月に戻る。コタツに埋まりつつスマホで芸能ニュースを読みふけっていた私は、紅白記事の間にひょっこり挟まれていた、ある文字列にズームイン!

 「SURFACE再結成」。

 ササササーフィス!? ひー懐かしい!

 さらなる情報を仕入れるべく「SURFACE」と入力し検索をクリック。ところがマイクロソフトが提供する同名の製品紹介がガンガン出てきて私の逸る気持ちを邪魔する。違う違うそうじゃないッ(泣)。男性二人組の「SURFACE」だよ!

SURFACE「素直な虹/情熱マイソウル」ジャケット。黒い衣装にお互いの顔をビッグに映し出す……なかなかハジケた発想である。

 SURFACEとの出会いは「ショムニ」OP。はじめて聞いた時の衝撃は忘れない! たまたまチャンネルが合わさっていただけで、ドラマ自体ノーマークであった。

 ところが、♪ダンダンすちゃんちゃん!! という「それじゃあバイバイ」のイントロが、無防備だったマイハートにドカドカ侵入してきたのである。

 な、なんて軽快かつゴキゲンなリズムなの……!

 結局それに乗せられ「テンション上がったからこのままドラマも見ちゃおう」となったのだった。なんというか、曲でナンパされた感じである。キャッチフレーズをつけるならば「歌うナンバー1営業」。

 当時B’zとよく比較されていたが、SURFACEの歌の方が「ものすごく素直なチャラ男」。B’zに飲み会の幹事は安心して頼めないが、SURFACEなら仕切りから盛り上げまでガッツリ頼めるといったイメージだろうか(あくまでもイメージです!)。

 なにやら両方のファンに石を投げられそうだが、いやいや、要はそれぞれ個性的でビビッドな存在感を放っていたと言いたいのだ!

B’zの稲葉さんはまだしも、松本さんに幹事を頼んだら、一人予算2万円くらいのステーキハウスを予約されそうな気がするのは私だけだろうか。

<次のページ> チャラ男ならではの絶妙なエール

2018.03.29(木)

文=田中 稲
写真=文藝春秋

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ