おやつタイムに食べたいパンいろいろ

 まずは、おやつパン。

左から時計回りで「クリームパン」150円、「あんぱん」150円、「ブリオッシュ」90円、「クロワッサン」180円、「メロンパン」150円。

 「クリームパン」は、ふんわり食感の菓子パン生地で、ヴァニラがほんのり香る自家製クリームを包んでいます。口の中ですうっと消えてしまう優しさ。

 「あんぱん」のつぶ餡も自家製。ていねいに小豆を炊いて、控え目な甘さに。どこか懐かしい味わいです。

 ふわふわの柔らかい食感の「ブリオッシュ」は、小ぶりで、小さな子供でも食べやすい。「あえてリッチな風味にせず、スポンジケーキみたいに仕上げました。ジャムを付けて食べてください」。

 しっかり焼き込まれた「クロワッサン」は、サクサク食感で香ばしく、クセになるおいしさです。

 「メロンパン」は、大人気の一品。ふわふわのパン生地とサクサクのビスケット生地のバランスが抜群。

 次は、小腹がすいた時にぴったりなパン。

手前「ウインナードッグ」170円、上左から「カリーパン」160円、「ベーコン&エッグのオープントースト」170円、「日替わりピッツァ」220円。

 「ウインナードッグ」は、プリッとした歯触りで旨味たっぷりの沖縄の“しまうたウインナー”を使用。

 「カレーパン」のカレーも自家製。「手間ひまかけて煮込んでいます」と誠子さん。なめらかで、子供も食べられるくらいのスパイシーさです。

 調理する手間がいらない「ベーコン&エッグのオープントースト」は朝食や間食にぴったり。

 「日替わりピッツァ」に使うトマトソースも自家製。具材は日替わりで、何がトッピングされているかは、その日のお楽しみ。

 ボリュームたっぷりの調理パンも人気です。

調理パン。奥「ハンバーグコッペ」200円、手前「ソースNoodle(焼きそば)パン」200円。

 「ハンバーグコッペ」は、誠子さんの腕が発揮された一品。一度食べたら忘れられない、本格的な味わいです。

 「ソースNoodle(焼きそば)パン」は、大阪ならでは。ソースの香り豊かで、紅ショウガのパンチもきいています。

 国産小麦粉100%の角食パンやレーズンたっぷりのレーズン食パンも人気ですが、ルヴァン種を使ったハード系のパンも毎日焼き上げ、徐々にファンを増やしています。

ハード系。「バタール」240円、「はちみつ入りカンパーニュ」1/2 180円、「ホクシンのバゲット」240円、「OLIVEちゃん」160円、「ジンジャー&くるみ」160円。

 王道の「バタール」は、「お料理と一緒に味わってほしい」と誠子さん。生地にオリーブを練り込んだ「OLIVEちゃん」や、「ジンジャー&くるみ」といった季節のフランスパンは、小さなサイズで作って、買いやすく食べやすいようにアピール。

 オーバーナイト製法の「はちみつ入りカンパーニュ」は、噛む程に奥深い風味が広がります。「ホクシンのバゲット」は、秋に収穫された北海道・十勝産小麦粉を使用。近所のフランス人客にも好評だそう。

 「食の大切さを発信する店でありたい。食べるものを選び、それを身体に入れることが、自分はもちろん、地域、社会、世界につながっていると思うから」と誠子さん。

左:手描きポップがかわいい。
右:妹の純子さんは販売とポップを担当。

<次のページ> ちょっとしたおやつには焼き菓子を

2018.02.25(日)
文・撮影=そおだよおこ