『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督作『風の色』で主演を務める古川雄輝。5年前の初登場後、世界に大きく羽ばたいた“男神(憧れの男性)”が、満を持してCREA WEBに2度目の登場!

ロンドンの舞台に立った5年前

――5年前となる前回のインタビューは、舞台「家康と按針(ANJIN)」のロンドン公演前でしたが、実際に現地の劇場の舞台に立たれたときの感想を教えてください。

 舞台は目の前のお客さんの反応がダイレクトに分かるわけですが、そのお客さんが海外の方ということで、笑ってくれたり、歓声をあげてくれたり、さらに反応が大きかったんです。また、新聞などの現地メディアが決していい評価だけを書くのではない、シビアなところも興味深かったです。しかも、星取りで作品がランク付けされてしまう。そんななかで、「家康と按針」は星4つをもらったんです。当時、日本の舞台ではあまりないことだったようで、スタッフ・キャストみんなで喜びました。

――そういった貴重な経験による、古川さんの心境の変化はありましたか?

 とにかく海外の方の前で芝居をする、という楽しさを感じました。また、日本と違って、出演俳優の中で上下関係があるわけではなく、稽古が自由にできるようなスタンスだったこともあり、海外の舞台ならではの経験もさせてもらいました。そして、舞台を見ていた現地の事務所の方が「ウチに入らないか?」と声をかけてくれるという意外な反響もあり、さらに役者としてステップアップできた気持ちになりました。

――翌2013年には、人気コミックをドラマ化した「イタズラなKiss~Love in TOKYO」が放送されます。主人公・入江役はオーディションだったのでしょうか?

 「家康と按針」のために僕がイギリスに発つ前日がそのオーディションだったんです。そのときまで、入江役の役者が決まっていなかったようで、急遽プロデューサーさんとお会いし、それで合格しました。役作りに関しては、原作コミックを丹念に読みました。

<次のページ> 今だから振り返る「イタキス」現象

2018.01.26(金)
文=くれい響
撮影=平松市聖
ヘアメイク=赤塚修二
スタイリスト=五十嵐堂寿

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!