マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアごはん偏愛主義!

コクのある旨辛スープがクセになる
マレーシア料理店の「海老麺」が美味!

ボリューム満点の理由は
高田馬場にあった

チンゲン菜、もやし、キャベツなどの野菜が麺を覆いつくすように盛られ、その上に大ぶりの海老が3尾、ゆで卵は丸ごと1個。とにかく具のボリュームが半端ない。

 じつは店主のマコさんは、高田馬場で8年間、マレーシア料理店の店長を務めた経歴があります。惜しまれつつも2014年にその店はクローズ。自分の店をやる、と決意したマコさんは、朝から晩まで働いて資金を貯め、ようやく2016年、オーナーシェフとして「ラムリ」を開店させたのです。

 「女性のお客様からは、量が多いと言われることもあるけど、高田馬場のときは、これでも足りない学生さんがいたのよ」とマコさん。野菜たっぷり、具だくさん。それは、高田馬場時代に愛された味のなごりなのです。

店主のマコさんは、クアラルンプール出身のマレーシア人。とくに華人系のマレーシア料理を得意とする

 「ラムリ」のスープやタレは、すべてマコさんの手作り。「おいしい」と納得した麺は、多少値が高くても取り寄せ、サンバルは週2回のペースで仕込む。豚の漢方煮込みスープ「バクテー」や滋養強壮に効果のある「漢方酒」など、日本人に知ってほしい故郷マレーシアの味に力をいれ、常に研究を続けています。

日本語、中国語がペラペラのマコさん。開店を待ちわびていた高田馬場時代のマレーシア人常連客が、現在はみな「ラムリ」に集合している。

 そんなマコさんが作る料理を食べると、体も心もほっかほかに。東京・大塚で、現地で食べるよりもおいしい海老麺をぜひどうぞ。

※ちなみに、海老麺はマレーシア全土で食べられていますが、とくにペナンの名物なので、「ラムリ」のメニュー名には“ペナン”という地方名がついています。ただ、ペナン現地では、この料理は「ホッケンミー」とよばれています。詳しくは、「マレーシアで進化を遂げた『福建麺』は 黒でも赤でも『ホッケンミー』」の記事をご覧ください。

JR大塚駅南口から徒歩3分。都電荒川線の線路を横切り、サンモール商店街、神社を過ぎて右側。

Ramri(ラムリ)
所在地 東京都豊島区南大塚3-48-11 南大塚サンビル1F
電話番号 03-6883-8485
営業時間 11:00~15:00(L.O. 14:30)/17:00~23:30(L.O. 22:00)
定休日 無休
席数 20席(貸切の場合は要相談)
アクセス JR大塚駅、都電荒川線大塚駅前駅より徒歩3分
http://ramri.web.fc2.com/

マレーシアごはんの会 古川 音(ふるかわ おと)
「マレーシアごはんの会」にて、マレーシア料理店とコラボしたイベント、マレーシア人シェフに習う料理教室を企画・開催。クアラルンプールに4年滞在した経験をもち、『ニッポンの評判』(新潮新書)のマレーシア編、『ナシレマッ!』(Malaysia Gohan kai)を執筆。マレーシアごはんの会の活動のほか、情報サイト「All About」でのマレーシアライター、食文化講演も担当している。
オフィシャルサイト http://malaysianfood.org/

2018.01.12(金)

文・撮影=古川音(マレーシアごはんの会)

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ