藤崎聡子さんと食べ歩く “スーパーB級グルメ”最前線

藤崎聡子さんと食べ歩く “スーパーB級グルメ”最前線

お店の実力がわかる“スーパーB級グルメ”
中華丼の深い旨みにレンゲが止まらない!

 “餃子セレブ”の異名を持つワインスタイリスト・藤崎聡子さんをナビゲーターに迎え、都内および近郊の「SB級=スーパーB級グルメ」を辿る企画。第1回の「餃子」篇、第2回「唐揚げ」篇に続き、最終回となる今回は「中華丼」にフォーカス。 

 「中華丼を食べればそのお店の実力がわかる」という藤崎さん。スープのおいしさ、野菜の下ごしらえ、火の入れ方など実は多くのことを求められるがゆえ、厨房の手仕事ぶりがうかがえるのだとか。そんな独自の「眼と舌」を持つ藤崎さんが太鼓判を押す名店3軒をご紹介。

» 第1回 SB級の餃子
» 第2回 SB級の唐揚げ

» 「スーパーB級グルメ」三箇条とは

●上海四川料理 廣安(東京・広尾)

具材は、白菜、ほうれん草、人参、タケノコ、いか、エビ、豚の肩ロースなど。仕上げにかける、ネギ油とごま油の香りが食欲を刺激する。五目かけご飯 1,000円。

職人技が光る
“アガる”中華丼

 「餃子や唐揚げと違って、中華丼はチェックポイントが多い」という、藤崎さん。野菜の大きさと厚みは均一か、スープに工夫はあるかといった基本的なことにはじまり、旨み具材となる肉および海鮮の割合、あんかけのとろみ具合、タケノコの切り方まで、項目は多岐にわたる。それらすべてをクリアし、藤崎さんの胃袋を掴んで離さないのがこちらの中華丼。

 「独特のコクと旨みがくせになるおいしさですよ」。藤崎さんが賛美するその味わいの秘密は、醤油とオイスターソースの配合バランス。そこに自慢のオリジナルスープが加わり、さらに深みをそえる。店主が見習いとして修業していた、今はなき店の味を意識したという。

カウンターとテーブル席のほか、奥には個室も用意。広尾という場所柄、落ち着いた雰囲気。カウンター席もあるので、女性ひとりで気軽に行けるのも好ポイント。

 店主が今のお店として独立したのは今から6年前。そのおいしさはすぐにまわりに伝播し、積極的に宣伝をしなくとも“町の中華屋さん”として地元に愛されるように。中華丼のほか、麻婆豆腐、黒酢酢豚といった料理も評判高い。

▼聡子の「眼」

コクのあるあんかけには
重厚な紹興酒が好相性

ランチについてくるスープも絶品。紹興酒は、グラス680円~。

 クラシックな中華丼には、中国を代表するお酒、紹興酒がよく合います。中華丼はともすれば味の変化がなくなりがちですが、ここの中華丼は食べ続けても飽きることなく最後まで食べられる。そこに紹興酒の旨みがレイヤードされることで、より奥深い味わいとなり、レンゲが止まらない(笑)。同じあんかけを使った五目あんかけそばまでオーダーしそうになるのを、いつも抑えています(笑)。

中華丼と合わせる紹興酒には砂糖を入れない方が、あんかけの旨みをじゃましないので、おすすめだそう。

上海四川料理 廣安
(しゃんはいしせんりょうり・こうあん)

所在地 東京都渋谷区広尾5-23-2 広尾センターハイツ108
電話番号 03-6277-2623
営業時間 ランチ 11:30~14:00/ディナー 17:30~22:30(L.O. 21:45)
定休日 月曜、日曜ランチ
※年末年始は2017年12月31日(日)から2018年1月3日(水)の昼まで休み。1月3日(水)の夜から営業開始

<次のページ> 毎日でも食べたい! 野菜が主役の中華丼

2017.12.30(土)

文=吉村セイラ
撮影=平松市聖

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ