TVや雑誌で話題沸騰中の美尻の魔術師・岡部友が教える究極のヒップメイク術を収録した『美尻トレ 究極のヒップメイク』(文藝春秋刊)。本書の実践篇「Chapter3:美尻トレーニング実践」より、その一部を紹介する。

お尻を目覚めさせるトレーニング
Level 02

 「美尻トレーニング前の準備」により、お尻周辺の筋肉がほぐれたら、本格的な「お尻の筋肉を鍛えるトレーニング」に入る前に、眠ったお尻の筋肉を刺激する必要がある。

 現代人は日常生活の中で座った状態が大半を占めているため、お尻の筋肉がうまく使えていない人がほとんど。まずは「お尻を目覚めさせるトレーニング」からはじめよう。本書で紹介しているレベル1~3のなかから、レベル2のトレーニングをひとつ紹介。動画と合わせて実践してみて!

【前後歩き:30往復】

●ステップ1
お尻を突き出した姿勢でスタート

 バンドを膝上と足の甲(バンドが1本の場合は、足の甲)に通し、脚を肩幅に開く。股関節を曲げてお尻を突き出し、膝が前に出ないよう軽く曲げる。このとき腰が反らないように、お尻を天井に向ける角度でキープ。

●ステップ2
前進したら、そのままバックする

※効いているポイント

 バンドの輪が緩まないように4歩前進したら、そのまま4歩バック。これで1往復。お尻全体の筋肉を意識して。バンドの輪が徐々に小さくならないように注意。

【NG】
腰が丸くなってしまう

 歩くときに腰が丸くなってしまうと、お尻の筋肉がうまく使えず効果半減。

 「お尻を目覚めさせるトレーニング」ができたら、『美尻トレ 究極のヒップメイク』で本格的にお尻の筋肉を鍛えるトレーニングを!

※ゴムや布製のバンド(腰幅よりも狭い輪っか形のバンド)をつけておこなう。

【動画でチェック】

岡部 友(おかべ・とも)
1985年12月6日、横浜市生まれ。株式会社ヴィーナスジャパン代表取締役。高校卒業後、アメリカで運動生理学、解剖学を学び、フロリダ大学在学中に、プロアスリートに指導できるスポーツトレーナーが保持するNSCA-CSCSの資格を取得。帰国後、女性専用パーソナルトレーナーを経て、2016年3月、女性専用のフリーウェイトジム「Spice up Fitness」を東京・南青山にオープン。2017年9月、原宿に2店舗目をオープンした。ジムでは「Glutes in Action」というオリジナルメソッドを取り入れ、美尻作りに力を入れている。分子栄養医学健康指導士の資格を取得。

『美尻トレ 究極のヒップメイク』
TVや雑誌で話題沸騰中の美尻の魔術師・岡部友が究極のヒップメイク術を教えます!

岡部 友 著
本体1,300円+税 文藝春秋刊
» 購入はこちらから

2018.01.07(日)
文=CREA WEB編集室
撮影=橋本 篤

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!