パーティやお呼ばれを楽しむ
コーディネイトの秘訣

出かける前には、全身のコーディネイトチェックを忘れずに。ドリスヴァンノッテンのブラウスをヴィンテージのレザーベルトでウエストマークして華やかさを。

 これからの季節、仕事柄おつきあいの多い早坂さんにとって、パーティなどで仕事とは一味違ったスタイルで出かける機会も増える。

「私たちの撮影現場ではシチュエーションに応じて、モデル、スタイリスト、ヘア、メイク、カメラマンそれぞれがコーディネイトを確認してゆきますが、お出かけ前の準備は同じことをひとりの女性で行っているようなもの。自分をプロデュースするような意識で、オケージョンに応じてスタイルを考えてゆくのは楽しい時間です。出かける前から、パーティの楽しみは始まっているんですね」

 中でも、ヘアスタイルは出かける前ばかりでなく、前日の心がけしだいで仕上がりが変わることを強く実感しているという。

ドレッシングコーナーには、自らプロデュースしたネロリラ ボタニカを中心に愛用のスキンケア製品が。近くにはダイソンのヘアードライヤーがすぐ手にとれるようスタンバイ。

「ふわりと仕上げようか、あるいはピタリとセットしようかなどその場のスタイリングにも気を配りますが、気を付けたいのは前日の夜。濡れた髪をきちんと乾かさないと寝グセがついてしまうので、お風呂上りにきちんと乾かすことが重要です。翌朝のスタイリングがまとまりやすく、しかも髪の健康にもいい。ただ、以前はそうわかっていても、私自身、疲れて十分に乾かさないまま寝てしまうことが多かったんです」

見た目にも愛せるドライヤーで
スタイリングがもっと楽しく

たまに他のドライヤーを使うと、ダイソンの威力を痛感するという早坂さん。早く乾いて髪の輝きが増すなどの高機能に加えて、使いやすさやデザインの良さも愛用の決め手に。

 そんな早坂さんのヘア事情を変えたのは、ダイソンのパワフルなドライヤー、スーパーソニック。髪を痛める原因になる熱を抑え、高速回転のモーターから生み出されるコントロールされた高速の風で、短時間でのスタイリングが可能になっている。

「乾くスピードが明らかに早いので、どんなに夜、疲れていてもきちんと髪を乾かせるようになりました。見た目にも愛せるデザインなので、外に出しておけるから、すぐ手にとって使うことができるのもいいところ。しかも髪がツヤツヤしてまとまりやすくなり、健康になったのがわかります。お出かけ前のセットも短時間でまとまりやすいので、なりたい髪型にスタイリングするのも自由自在。撮影現場に持ってくるヘアスタイリストさんが多いのも、なるほどと思えます。一度使ったら、もう手離せません」

旅先やお出かけに携行する人も多いというDyson Supersonic ヘアードライヤー。他のドライヤーとの圧倒的な差に、早坂さんもお気に入りの旅グッズとともに持ち歩くことを検討中。

早坂香須子(はやさか・かずこ)
ビューティーディレクター/メイクアップアーティスト。看護師として大学病院に勤務した後、メイクアシスタントを経て99年に独立。国内外のモデルや女優から支持されている。近年ではメイクの枠にとらわれることなく、元看護師という医学的知識と観点からインナービューティ、オーガニックプロダクトコンサルタント、香りなど、多岐にわたりビューティーの提案をしている。
http://wtokyo.co.jp/artist/kazuko-hayasaka/
Instagram https://www.instagram.com/kazukovalentine/

●お問い合わせ先
ダイソン

フリーダイヤル 0120-295-731
https://www.dyson.co.jp/

 

2017.12.15(金)
文=嵯峨崎文香
撮影=釜谷洋史

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!