『美尻トレ 究極のヒップメイク』で 美尻をめざす!

『美尻トレ 究極のヒップメイク』で 美尻をめざす!

垂れたお尻にさようなら!
究極のヒップメイク“美尻トレ”とは

美しいヒップは作ることができる!

美尻の魔術師・岡部友さん。自分では見えない後姿は、意外と人から見られている。

 “お尻が垂れている”、“お尻が四角い”、“お尻が平べったい”……。お尻にまつわるコンプレックスを抱えている女性は多い。“美尻”を手に入れたいと願う女性は多いはずだが、結果を出すのが難しいパーツというイメージが強く、ボディメイクのなかでも後回しにされがち。

 でも実は、お尻のトレーニングは、知識がないとお尻に的確に効かせることが難しいが、正しく行えば、確実に変化が表れるパーツなのだ。

「痩せても、女性らしさは生まれない」「目指すのはモデルじゃなく自分らしさ」といった魅力的な言葉が目次に並ぶ『美尻トレ 究極のヒップメイク』(岡部 友著・文藝春秋刊)。

 『美尻トレ 究極のヒップメイク』(岡部友著・文藝春秋刊)では、どんな体格・体形の人でも、何歳からでも必ず結果が出るトレーニングの知識と方法を紹介している。

 著者は、TVや雑誌で“美尻の魔術師”として話題沸騰中のカリスマトレーナー・岡部友さん。主宰するジムで「Glutes in Action」というオリジナルメソッドを取り入れ、美尻作りに力を入れている。

 お尻に効果があると言われるトレーニングを自宅で続けてみたものの、真面目にやっているはずなのに、結果が出なくてやめてしまったという経験はないだろうか。それには明確な理由がある。

 本や雑誌、テレビなどでたくさんのヒップアップトレーニングが紹介されているが、これまで、エクササイズの動き自体は正しいものであっても、それをどのように行うか、どれくらい行うか、お尻用に“正しく”かつ“詳しく”説明されているものは少なかったのだ。

 また、お尻の研究はどんどん進んでいるので、古い情報をアップデートしなければ、お尻に効果が出ないということも十分にありえること。

「日本女性のボディと心を変えたい!」と言う岡部友さん。

 著者の岡部さんは、アメリカで運動生理学、解剖学を学び、フロリダ大学在学中に、プロアスリートに指導できるスポーツトレーナーが保持するNSCA-CSCSの資格を取得。分子栄養医学健康指導士の資格も取得し、パーソナルトレーナーとして長年、様々な角度からお尻の研究を続けてきた。

 その研究成果を全て詰め込んだ、究極のヒップメイクメソッドである“美尻トレ”は、トレーニング初心者でも、必ず結果が出るように考案されているのがポイントだ。

美しいお尻は何歳からでも自分で育てることができるという。

 お尻は見た目だけでなく、健康を維持するうえでも非常に重要な部位であることが、近年さまざまな研究でわかってきた。

 健康のためにも、老若男女問わず鍛えたほうがいいパーツだが、何より、美尻トレのいいところは、メンタルも鍛えられるところ。「○○するだけで簡単に○○できる」という方法では、自分で自分の体を変えることができたという達成感・自信には繋がらない。

 ここ数年、女性の筋トレへの関心が高まり、フィットネス熱が盛り上がってきているが、そのなかでも美尻ブームの到来は、“モテ”のためではなく、自分を高めたいという女性が増えているのも理由のひとつ。

 美しいボディメイクのためには、内側から溢れ出る自信も大きな要素。そのためにはトレーニングは必要不可欠!

2017年7月、岡部友さんが主催した美尻コンテスト「FITNESS ANGEL」。
「女性らしいボディライン」をコンセプトに、特にお尻に着目して健康的で魅力あふれる体を審査するという、今までにないコンテストだ。

 みなさんも、『美尻トレ 究極のヒップメイク』で、心も身体も鍛えてみませんか?

岡部 友(おかべ・とも)
1985年12月6日、横浜市生まれ。株式会社ヴィーナスジャパン代表取締役。高校卒業後、アメリカで運動生理学、解剖学を学び、フロリダ大学在学中に、プロアスリートに指導できるスポーツトレーナーが保持するNSCA-CSCSの資格を取得。帰国後、女性専用パーソナルトレーナーを経て、2016年3月、女性専用のフリーウェイトジム「Spice up Fitness」を東京・南青山にオープン。2017年9月、原宿に2店舗目をオープンした。ジムでは「Glutes in Action」というオリジナルメソッドを取り入れ、美尻作りに力を入れている。分子栄養医学健康指導士の資格を取得。

『美尻トレ 究極のヒップメイク』
TVや雑誌で話題沸騰中の美尻の魔術師・岡部友が究極のヒップメイク術を教えます!

岡部 友 著
本体1,300円+税 文藝春秋刊
» 購入はこちらから

2017.12.13(水)

文=CREA WEB編集室
撮影=橋本 篤

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

LIFE_STYLE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ