一見すると簡素に見える
ロッジの中には贅沢な空間が

こんもりとした緑のなかにヴィラが点々と立つ「リノ・リッジ・サファリ・ロッジ」。

 ブッシュの中での滞在を楽しんだ後は、一路、東部にあるフルフルエ・インフォロジ国立公園へ。

ベッドに寝転がりながらも、窓の外の絶景を一望。

 ここで宿泊したのは、「リノ・リッジ・サファリ・ロッジ」。

 緑豊かな丘の上に点々と立つヴィラは、一見するとシンプルで簡素すぎるようにも見えるが、部屋の中は想像以上にスタイリッシュ。座り心地のいいソファや重厚感溢れる家具、センスよく配された調度品に、一瞬、大自然の中にいることを忘れてしまうほど。

ゲームドライブの間はロッジでのんびり。雄大な自然を眺めながらワインを楽しむのも極上の時間。
洗練された料理は、見晴らしのいいこのダイニングで。

 眼下にブッシュを見渡す開けた風景は、リビングやバーからも楽しむことができる。夜になれば頭上に一面の星空が。ゲームドライブを終えた後の、満天の星を仰ぎながらのバスタイムも最高に気持ちがよかった。

左:女性レンジャーの案内でゲームドライブへ。
右:ほどなくしてキリンの兄弟(?)を発見。

 もちろん、ここでもゲームドライブを満喫。ロッジを出発して早々に、私たちが乗った車の前を、キリンやシマウマ、サイ、インパラが次々と横切ってゆく。レンジャーは女性で、優しく丁寧に、出会った動物たちのことを教えてくれた。

Rhino Ridge Safari Lodge
(リノ・リッジ・サファリ・ロッジ)

所在地  Hluhluwe iMfolozi Park, Mpembheni, 3937
電話番号 035-474-1473
http://www.rhinoridge.co.za/

<次のページ> 欲張りなビーチロッジで贅沢な体験を

2017.11.25(土)
文・撮影=芹澤和美