お金さまいらっしゃい!

高田かや

物は共有でお金のやりとりが一切ない生活共同体の「カルト村」で生まれ、19歳で村を出た著者が一般社会で働き始めて、お給料をもらって……。それまで持つことが許されなかった憧れの「お金」とどうつきあってきたかを描く実録コミックエッセイ。読めばお金が溜まるかも!?(月1回更新)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    1 / 1

高田かや 近況

蛇口から出る水の冷たさにハッとする今日この頃ですね。生芋こんにゃくの季節です。奥久慈や吾妻の直売所でこの時期だけ売っている生芋こんにゃくは、通常の板こんにゃくにある独特なにおいが少なく、色白プルプルでとても美味しいのです。炒め物や煮物に大活躍する上、ローカロリーなありがたい食材です。

プロフィール

射手座・B型・東京在住。趣味は旅行。旅日記もつけています。桜の季節は花見、秋には紅葉、冬は温泉。酒蔵、ワイナリー、蒸留所で飲み歩き、市場で食材を仕入れ、各地の窯元で器を選び、漆器は塗り直しながら大事に使い、家での食事も楽しんでいます。(単行本『さよなら、カルト村。』についてのインタビュー第1回第2回が、「文春オンライン」で公開中!)

連載コミックエッセイ

もっと見る

ページの上部へ