ゆらぎ肌のためのA to Z

ゆらぎ肌のためのA to Z

お肌のプチ不調を解決するヒント集③
化粧水篇

 いよいよ秋も深まり、本格的な乾燥を感じる季節。さらに、夏に蓄積されたダメージが肌表面にではじめる時期でもあり、肌は不安定に“ゆらぎ”がちに。

 特に敏感肌というわけではなくても、「忙しいと肌が荒れる」「寝不足だと肌がゴワつく」など、ちょっとした不調は誰でも経験したことがあるはず。そんな“プチ不調”を解決するためのヒントを集めました。

» 第1回 エイジングケア篇
» 第2回 ボディケア篇
» 第4回 メイクアップ篇
» 第5回 UVケア篇
» 第6回 ホワイトニング篇

●化粧水篇
化粧水のピリつきが、ゆらぎのサイン?

左から:
◆2種類の肌荒れケア成分配合。ローションはテクスチャーの好みで3種から選べる。アルージェ モイスチャー リッチローション(とてもしっとり)[医薬部外品]120mL 2,500円/全薬工業
◆温泉ミネラルと植物エキスの働きで、いつも調子のいい健やかな肌へと整える。みずみずしい使い心地。薬用 ビューネ[医薬部外品]160mL 6,000円/メナード
◆スピーディに浸透しながら、肌表面と角層内でうるおいを抱え込み、もっちり肌に。モイストバランス ローション 360mL 5,500円/アクセーヌ

 いつもの化粧水なのに、つけたときにしみる気がするのは、肌がゆらいだときによくあること。バリア機能が低下している肌は、本来真皮層で留まっているはずの神経が肌表面までのびて、ピリピリとした感覚刺激を受けることがあるそう。ゆらぎ肌を考慮した化粧水を選んで、あの不快感を遠ざけよう。

全薬工業
電話番号 03-3946-1126

メナード
フリーダイヤル 0120-164601

アクセーヌ
フリーダイヤル 0120-120783

<この記事の掲載号>

CREA 2017年11月号

やっぱり行きたいね、
京都。

鴨川べりの散歩道、かくれ家カフェに、しみじみおいしいごはん処――。忙しい日々の中でふと戻りたくなる町、京都。混んでいると聞いて最近少し足が遠のいていた人も、町が赤や黄色に色づく季節だから、久しぶりの京都旅にでかけませんか? 紅葉の隠れ名所に、外れなしのごはんリストなど、盛りだくさんの1冊になりました。

定価780円

2017.10.31(火)

文=増本紀子(alto)
撮影=釜谷洋史

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年11月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

BEAUTY} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ