いよいよ秋も深まり、本格的な乾燥を感じる季節。さらに、夏に蓄積されたダメージが肌表面にではじめる時期でもあり、肌は不安定に“ゆらぎ”がちに。

 特に敏感肌というわけではなくても、「忙しいと肌が荒れる」「寝不足だと肌がゴワつく」など、ちょっとした不調は誰でも経験したことがあるはず。そんな“プチ不調”を解決するためのヒントを集めました。

» 第2回 ボディケア篇
» 第3回 化粧水篇
» 第4回 メイクアップ篇
» 第5回 UVケア篇
» 第6回 ホワイトニング篇

●エイジングケア篇
“攻め”の敏感肌コスメが続々

左から:
◆ストレスによる肌荒れに着目。肌のバリア機能を高め、芯からうるおうハリ肌へ導く。アヤナス クリーム コンセントレート 30g 5,500円、同 ローション コンセントレート 125mL 5,000円、同 エッセンス コンセントレート 36g 7,500円/ディセンシア
◆セラミドの働きを補いながら、ハリとうるおいを与える。キュレル ジェルクリーム(しっとり)[医薬部外品]40g 2,800円、同 クリーム(とてもしっとり)[医薬部外品]40g 2,800円、同 エイジングケアシリーズ 化粧水[医薬部外品]140mL 2,300円(すべて編集部調べ)/花王、

 敏感肌だからといってエイジングケアをあきらめたくない人向けの、心強いシリーズが続々登場。肌に寄り添いつつ、パワフルなアプローチが可能に。

ディセンシア
フリーダイヤル 0120-714-115

花王
フリーダイヤル 0120-165-696

2017.10.27(金)
文=増本紀子(alto)
撮影=釜谷洋史

CREA 2017年11月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

やっぱり行きたいね、京都。

CREA 2017年11月号


やっぱり行きたいね、京都。

定価780円

鴨川べりの散歩道、かくれ家カフェに、しみじみおいしいごはん処――。忙しい日々の中でふと戻りたくなる町、京都。混んでいると聞いて最近少し足が遠のいていた人も、町が赤や黄色に色づく季節だから、久しぶりの京都旅にでかけませんか? 紅葉の隠れ名所に、外れなしのごはんリストなど、盛りだくさんの1冊になりました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!