CREA美容班のお気に入り EDITOR'S CHOICE

CREA美容班のお気に入り EDITOR'S CHOICE

CREA美容班おすすめのリラックスコスメ
ベースメイク&メイクアップ篇

 毎日深夜まで作業に追われている美容班の面々。今回の特集タイトル「リラックスするための美容」のヒントを模索しつつ、日々実践中!

» スキンケア&ボディ篇

【LIP】

1:メタリックとマットカラーのレイヤードで驚きの立体感
「ひと塗りで内側の輝きとヴィヴィッドな発色が実現。唇が魅惑的にボリュームアップ」(N子)。ルージュ ディオール ダブル(右から:590、578) 各4,200円/パルファン・クリスチャン・ディオール
2:唇の内側に指でつけて、ステインリップを楽しむ
「赤リップは唇の印象が強くなりすぎるので苦手だけど、これは唇の色になじんで、色もツヤもおしゃれ」(K子)。ヤシ油、ミツロウなどの保湿成分がたっぷり。rms beauty リップシャイン コンテント 3,400円/アルファネット
3:うるおい感のあるベルベットマット。初心者にもぜひ!
「つけ心地と仕上がりのギャップが不思議。唇をふっくらと演出するので、濃い色の口紅がかつてないほどしっくり」(I子)。ヒアルロン酸やオイルなどでボリュームのある唇へ。キスキス マット M330 4,300円/ゲラン
4:ホイップのようなライトなつけ心地のマットルージュ
「やわらかい印象に仕上がる、モードすぎない口紅。色違いで揃えたい」(H子)。洗練された“シアーマット”な色づき。ピュア カラー エンヴィ シアー マット リップスティック 01 4,000円/エスティ ローダー

H子 「リラックスするための美容」。毎日忙しく過ごす人たちのために、五感をほぐす美容を通じて、リラックスを得てほしいという気持ちで始まった企画だけど……、自分たちが疲れているかもね(笑)。

I子 それはそうだけど(笑)。でもリフレッシュできるとリラックスできて、ひいては“明日のきれい”につながる気がするな。K子さんはどう?

K子 私は、休みの日に行くゴルフでリフレッシュしています。自然のなかで過ごして、温泉も楽しめるし。早朝に動くから、一日が有意義に使えるのもいいのかも。

N子 たしかに、自然&温泉って強力なリフレッシュコンビだね。でも都内じゃなかなか難しいなー。

H子 私は最近銭湯にはまっていて。普段はシャワーで済ませていたんだけど、すっぴんで行ける近所の炭酸泉とか薬草湯を楽しんでいたら、眠りの質が上がった気がする! 最中はリフレッシュ、帰宅後はリラックス。

I子 私も仕事がない土曜の朝とか、朝日を見ながらお風呂に浸かるのが至福のとき! 身体が芯からリラックスするし。それができないときは、夜、どんなに遅く帰っても海外ドラマを見て現実逃避して寝るのが、ある意味、私のリフレッシュかも。

N子 お風呂派が多いね、やはり。私は、原稿の山が終わった夜、帰宅して動画サイトで大好きなグループを見ながらスパークリングワインを楽しむのがリフレッシュかな。次の日撮影で早くても、ついつい次々見ちゃって後で後悔したり……。あれっ、あまりビューティ関係ないかな(笑)。

H子 でも今回、“ザ・美容”じゃなくてもきれいにつながる企画は、盛りだくさんですから! 自分なりの切り替えの方法があればいいですよね。

K子 私とN子さんが担当した「最新コスメ特集」も「信頼できるコスメを使うことで、時短もできてストレスフリー=リラックスにつながる」という企画ですし。ヒントはいろんなところに転がっているのかも。

I子 読者の皆さんの日々の参考になれば、本当にうれしいです。

●EDITOR'S PROFILE

I子
42歳。食欲が落ちる暑い日は“ムロ鍋”。薄切りした大根たっぷりの豚しゃぶは栄養満点、エアコンで冷えた身体もポカポカ。

H子
37歳。表紙撮影で乗鞍高原へ。澄んだ空気と緑のなかで一日過ごしてリフレッシュ。日常から離れる大切さを再認識!

K子
26歳。スーパーロングの髪をばっさりカット。ドライヤーも断然ラクになって、気分も一新。これからどんどん短くしたい!

N子
40代の担当ライター。代謝の低下を実感する日々。肌は美容液、身体は母お手製の黒ニンニク&サプリ&ギアで建て直し強化中。

<次のページ> 一気に秋モードになれるアイテム

2017.10.01(日)

文=増本紀子(alto)
撮影=釜谷洋史

同じテーマの記事

もっと見る

BEAUTY} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ