食欲の秋を満喫! 北海道の美味を味わい尽くす 

食欲の秋を満喫! 北海道の美味を味わい尽くす 

北海道「後志エリア」でゆったり!
パンとワインとチーズを楽しむ旅

【CHEESE】
手作りチーズ工房の洗練された旨味に感激!

 酪農王国の北海道のなかでも後志の乳牛は、夏には牧草地で青草をはみ、ゆったりとした環境でのびのびと育てられることが多いそう。その上質なミルクから生まれるナチュラルチーズはまろやかでクリーミー。この地ならではの美味しさ満載だ。

道産チーズの新時代を切り開く

◆[ニセコ]ニセコチーズ工房

現在、工房で作っているチーズは約20種。ファーストクラス機内食に採用された酵母タイプ「二世古 マルセラン」690円、ミモレット「二世古 椛【momiji】」870円ほか。

 フランスでチーズ作りを学んだ近藤孝志さんと、次代を受け継ぐ裕志さんの親子2代で新たなチーズ作りを探求する注目の工房。日本航空国際線ファーストクラスの機内食に採用されるなど、その美味しさは折り紙付きだ。

左:チーズケーキのようにクリーミーで華やかな美味しさの「二世古 雪花【sekka】 パパイヤ&パイナップル」1,200円。
右:ジャパンチーズアワード金賞のブルーチーズ「二世古 空【ku:】」780円。

 なかでもラム酒漬けのフルーツをまぶした「二世古 雪花【sekka】」は、とろけるような至福の味わい。一度食べるとやみつきになる人が続出の話題作で、今年フランスで開かれた国際コンクールでも銀賞を受賞した逸品だ。

左:2代目を継ぐ近藤裕志さん。
右:チーズが並ぶ熟成庫。

ニセコチーズ工房
所在地 北海道虻田郡ニセコ町字曽我263
電話番号 0136-44-2188
営業時間 10:00~16:00(5月~10月下旬 ~17:00)
定休日 火・水・木曜(5~6月 火・水曜、7~10月下旬 無休)
http://www.niseko-cheese.co.jp/

本物の美味しさを伝え続ける老舗

◆[共和]北海道クレイル

原点の美味「カレ」、濃厚感をさらにアップさせた「ロワレ」、「おいこみブルー」、新食感のとろけるチーズ「粉雪」 各1,100円。

 フランスで約10年にわたって乳製品と発酵を研究した西村公祐さん。1975年に日本初のカマンベールチーズ専門工房を開き、試行錯誤を重ねながら完成させたのが、フランス東部地方の「カレ・ド・レスト」にヒントを得た名物チーズ「カレ」だ。

4種のチーズの違いを食べ比べてみるのも楽しい!

 購入したときはフレッシュな状態だが、生きた乳酸菌によって熟成が進み、数日から数週間すると、とろ~りとしてチーズ好きにはたまらない味わいに……。40年を超えてなお愛され続ける、後志が誇る名品だ。

併設のティールーム。

北海道クレイル
所在地 北海道岩内郡共和町老古美320-3
電話番号 0135-62-7457 
営業時間 10:00~17:00
定休日 無休(ティールームは水・木曜、11月中旬~4月中旬は休業)
http://clair-cheese.com/

【取材協力】
北海道観光振興機構

http://www.visit-hokkaido.jp/

<この記事の掲載号>

CREA Traveller 2017年秋号

特集
英国の休日
Peaceful Britain

定価1110円(税込)

購入はこちら

2017.09.15(金)

撮影=杉山節夫、福知彰子
構成・文=矢野詔次郎
地図作成=シーマップ
協力=北海道観光振興機構

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2017年秋号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ