eCREAアンバサダーの糖質コントロール宣言!!

eCREAアンバサダーの糖質コントロール宣言!!

糖質ゼロ甘味料スイーツで
食べてもきれいをキープする!

自然の力を信じ、頼りにして、
食べる楽しみも美しさも手放さない。

スイーツ大好き! という、eCREAアンバサダーの青山美恵子さん。趣味のお菓子作りだけでなく、選べるときは市販のスイーツでも「ラカントS」を使用したものを選ぶ。

 原宿でエスニック専門料理のクッキングサロンとタイ式ヨガを学べる「Pont D'or」を運営し、タイやベトナム料理に関するイベントの運営・企画を行うなど、多忙な日々を送っている青山美恵子さん。今年からは、タイの人気コスメブランド「Erb」の輸入代理業も展開し、さらに忙しさに拍車がかかっている。

「学生時代は途上国開発の研究をしていて、NPOの活動でベトナムのホーチミンに半年ほど滞在もしました。タイやベトナム料理がおいしいのはもちろんですが、やはり、食はその国の文化を知る入口なんですよね。ベトナム語を話せない私でも、食事中は楽しくコミュニケーションがとれましたし、食を通じてアジアの国々に興味を持ってもらえたら、持続可能な支援につながるのではないか。そんな思いから、2015年にクッキングサロンを立ち上げました」

 タイもベトナムもスタイルのいい女性が多く、その秘訣が食にあることも興味をひいたという。

「医食同源の思想が浸透していて、ダイエットのときには酵素が豊富な青パパイヤのサラダを食べるとか、この不調にはこのハーブが効くなどの知識をみんなが当たり前に持っているんです。また、特にタイはスパ大国で美容への関心も高いのですが、人気のコスメの原料を見ると、植物や果物が主原料。食べることも美しくなることも、根本的な考え方は同じ。美の答えは自然界にあるというシンプルな発想を、日本にももっと広めたいと思っています」

甘味料に「ラカントS」を100%使用した、ローカーボベジスイーツ専門店 パティスリー ポタジエの「カボチャのラカントモンブラン」。

糖質ゼロの自然派甘味料で
スイーツづくりがさらに楽しく!

 多忙を極める日々の中、ストレス解消となっているのがスイーツづくりだそう。

「今年に入り、忙しさからか甘い物を欲するようになって食べていたら、体重が3キロほど増えてしまい……。でも、すべてを忘れて無になれるスイーツづくりは唯一の趣味で、やめるという選択肢はないので、少しでもヘルシーにしたいと思い、いままではタイで買ってきたパームシュガーをよく使っていました。でも、今年の春に『ラカントS』の存在を知ってからは、こればかり。原料はオーガニックの羅漢果という植物で、甘さはしっかりあるのにクセがないのでスイーツづくりのじゃまをしませんし、なんといっても、糖質がゼロ! タイやベトナムの美容道の精神にも通ずる甘味料に助けられています」

 調べてみると、「ラカントS」を使ったお菓子も豊富にあり、お取り寄せをしたり、お店に購入しにいくことも。

「今日は、『Erb』の定例会議の日だったので、みんなでシェアしようと思い、中目黒のパティスリー ポタジエで、『カボチャのラカントモンブラン』を買ってきました。スイーツを食べると会話が弾むし、みんな笑顔になる。自然の甘みは心の安定剤ですね(笑)」

青山美恵子(あおやま・みえこ)
イギリスとフランスへの留学やベトナム赴任の経験があり、東洋美学、とくにエスニック料理と美容文化に興味を持つ。そんな中、タイやベトナムの女性がキレイな理由を探るとともに、日本にもその美しさを広めたいと考えている。最近始めたルーシーダットンのおかげでインナーマッスルを意識するようになり、ウエストラインがすっきり! もともと好きな和服を自分で着られようになりたくて、着付け教室にも通い始める。
インスタグラム https://www.instagram.com/m.aoyama18/

ラカントSシリーズ
カロリーゼロの自然派甘味料。ほんのりナチュラルブラウン色で、黒砂糖にも似たお味です。コーヒー・紅茶など、いろんな用途に使いやすい顆粒タイプ。加熱調理しても甘みが損なわれないので、煮込み料理やグリル料理、お菓子作りにも大活躍! 砂糖と同じ甘さなので、レシピの砂糖をラカントに置きかえるだけで手軽にカロリーダウンできます。
http://www.lakanto.jp/

2017.09.01(金)

取材・文=今富夕起
撮影=平松市聖

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

LIFE_STYLE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ