村上春樹を知るためのキーワードA to Z

村上春樹を知るためのキーワードA to Z

村上春樹を知るためのA to Z
【前篇】繰り返し観ている映画は?

 音楽やコーヒーが重要な要素となる村上作品。知ればより深く楽しめるはず。すべての著作と、インタビューなどを基に、作家本人のポートレートや気になるキーワードとあわせて、「村上春樹を読み解く会」代表の齋藤隆一さんがその魅力を一気に解説します。CREA2017年9月号から抜粋した一部を前後篇でご紹介。

» 後篇

【A】
AUTOMOBILE[自動車]
マニュアルカーが好き

デビュー作『風の歌を聴け』に出てくる黒塗りのフィアット600。写真は映画版で使われたフィアット500の模型。

 デビュー作から最新作まで、自動車は作品の重要なアイテム。本人は、デビューからしばらくの間、車にあまり興味がなかったが、1986年からヨーロッパに長期滞在することになり車が不可欠に。免許を取得してランチア・デルタ1600GTieを購入し、運転の面白さに開眼する。ローマ滞在中に書かれた『ダンス・ダンス・ダンス』、『眠り』以降、主人公が車を運転するシーンが頻繁に出てくるようになったのは、その影響だろう。

 好きな車は、マニュアルシフトの2人掛けのオープンカー。運転している時の自由な感じがたまらないそうだ。

<次のページ> 人気ジャズ・バーのオーナーだった

2017.08.09(水)

文・監修=齋藤隆一(「村上春樹を読み解く会」代表)
撮影=佐藤 亘、釜谷洋史

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年9月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ