気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

ロンドン・テムズ河の風変りな宿泊施設が人気

 ロンドンのテムズ河南岸は「サウスバンク」と呼ばれ、博物館や劇場など文化施設が集まるエリア。

 この文化施設群のひとつ「クイーン・エリザベス・ホール」の屋上に、まるで羽を休める小鳥のように、小さな船が載ったのが、昨年12月のこと。この屋上にちんまりと載ったボート、実は2人用の宿泊施設なのです。

 世界の新鋭建築家を使って、英国内にユニークな宿泊施設を企画し運営する「リビング・アーキテクチャー」とコンテンポラリー・アーティストを起用したさまざまなプロジェクトを展開する「アートエンジェル」とのコラボレーションにより実現したのがこの「A Room for London」。

<次のページ> アートを意識したデザインと設備

2012.03.12(月)

text&photographs:Kazuyo Yasuda(KRess Europe)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ