CREA厳選! イケメン青田買い

CREA厳選! イケメン青田買い

特撮ドラマでカリスマ的人気を得た
小西遼生が音楽劇「魔都夜曲」に出演

「牙狼-GARO-」撮影秘話

――そして05年、特撮ドラマ「牙狼-GARO-」で魔戒騎士の主人公・冴島鋼牙というハマリ役を手にします。オーディションなど、当時の様子を教えてください。

 オーディションでは台本を読むだけでなく、木刀で素振りをしたり、カメラ前でポーズを決めたりしました。合格したときはとても心配でしたが、雨宮慶太監督も「大丈夫か?」と思っていたようです(笑)。あの時期は、現場のスタッフさんから、人生でいちばん怒られていた時期かもしれませんね。今考えれば、みなさんの愛情なんですが、「そんなに怒る?」と思うほど、怒られていました。

――撮影は24時間に及ぶほどで、かなりハードだったようですね。

 1クール(13話)までは、雨宮監督のイメージに合うように、角度や速度、声の高さなど、そういうことを徹底的に仕込まれました。そして、かなり挑戦的な番組だったので、時間も予算もないなか、睡眠時間を削ってでも面白いものを作るという意向もあり、1シーンに100カット近く撮っていたんです。番組の放送が始まっても、ずっと現場にいるので、直接の反響みたいなものはまったく知らずに、必死にアクションをやっていましたね。全然、体育会系の人間ではないので、本当に大変でした。

――放送から12年経った今でも根強い人気がある「牙狼-GARO-」ですが、小西さんがこの作品に関わったことで学んだことはありますか?

 照明さんが作り出してくれる光を巧く使って、自分をカッコよく見せるなど、みんなが本気でモノづくりをしていること、ファミリー感の強さを教えられました。雨宮監督は原作・役柄も含め、「牙狼-GARO-」の生みの親なので、自分にとって、もう一人の父親といえるかもしれません。

<次のページ> ジャズバンド演奏も聴きどころの音楽劇「魔都夜曲」

2017.07.07(金)

文=くれい響
撮影=松本輝一

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ