山内宏泰のアートの交差点

山内宏泰のアートの交差点

「存在の不安」を端的かつ強烈に表した
画家・彫刻家ジャコメッティの大回顧展

時代の空気を見事に
掬い取ったアーティスト

20世紀を代表する画家・彫刻家ジャコメッティの回顧展。フランス・マーグ財団美術館の所蔵品を中心に国内コレクションの作品が集められた。彫刻、油彩、素描、版画と、代表作を含む約135点が一堂に会する。アルベルト・ジャコメッティ 《歩く男Ⅰ》 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

 20世紀を代表するアーティストを一人、挙げよ。そう問われたら、一番人気はピカソか、マティスか。でもここは「いや、ジャコメッティだ!」と声を上げたい。

 なぜなら彼こそが、最も時代と鋭く切り結んだ存在だから。アートは時代の産物であって、その時代の言葉にならぬ空気が否応なく反映される。20世紀を通して、彼ほど時代の空気を見事に掬い取った人はいない。

 アルベルト・ジャコメッティは画家としても知られ、彼が描く肖像画は異様なまでの存在感を持つのだけれど、輪をかけて印象的なのは、だれも真似のできない独自の彫刻表現。針金のように細長い人物像、ヒラメよりも薄っぺらな頭部像、ときにはマッチ箱に入ってしまいそうなほどに小さい彫像。どれも、ひと目見たら忘れられないインパクトを観る側に残す。

 なぜこんな奇妙な造形になるのか、不思議に思ってしまう。でも、ジャコメッティ本人としては、いたって真面目に制作をしていた。対象をより真に迫ったかたちで捉えようと、真摯に取り組んだ結果、こうしたかたちが出てきた。

左:アルベルト・ジャコメッティ 《女=スプーン》 1926/27年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
右:アルベルト・ジャコメッティ 《ディエゴの胸像》 1954年 ブロンズ 豊田市美術館

 絵画にしろ彫刻にしても、彼はこれと決めた対象を徹底的に、繰り返し見る。そうして、なんとか見たままに表現できないだろうかと模索し続ける。と、私たちが日常で触れる人間の姿とは大きく隔たった造形が現れ出てしまうのである。

 1901年にスイスで生まれたジャコメッティは、美術を学んだのちに当時の芸術の中心地パリへ赴く。当初は、現実を超えた現実を表現に取り入れんとするシュルレアリスムの流れを汲んだ作品を手がけるも、1930年代になるとモデルを使った彫刻をつくり始める。そして第二次世界大戦後になると、針金のように細かったり平らだったりする人間像が、彼の手から生み出されるようになった。

 ジャコメッティが表す人間は、微風にも負けて飛び去りそうだったり、ちょっとした刺激でポキリ折れてしまいそうだったり、内面など持ちようもないほどペラペラの外見だったり。それらは未曾有の戦禍のあと、人間の尊厳や存在そのものが不安にさらされている様子を端的かつ強烈に表しているように見える。

マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ。Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

 ジャコメッティの大規模個展が開催の運びとなり、代表作がごっそり海を渡ってやって来た。歪み変形された像の数々は、観る側にずしり重々しく響いてくるに違いない。21世紀を生きる私たちだって、ジャコメッティが感じ取ったのと同じ不安を、いまだ引きずっているように思うから。

『国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展』
会場 国立新美術館(東京・六本木)
会期 2017年6月14日(水)~9月4日(月)
料金 一般1,600円(税込)ほか
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.tbs.co.jp/giacometti2017

<次のページ> 世界中の奇想アートが続々と日本上陸!

2017.06.24(土)

文=山内宏泰

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ