今日の絶景

今日の絶景

四季折々の自然の表情が楽しめる
シュツットガルトの巨大動植物園

Magnificent View #1290
ヴィルヘルマ(ドイツ)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ドイツ南西部の大都市、シュツットガルトにあるヴィルヘルマは、動物園と植物園を併設する庭園としてはヨーロッパ最大。

 30ヘクタールにもおよぶ園は、かつてドイツ南西部にあった国、ヴュルテンベルクの王、ヴィルヘルム1世の庭園を利用して造られた。

 春にはマグノリアが咲き乱れ、初夏には池に蓮の花、秋には紅葉と、季節それぞれの表情を見せる広大なスペースは、散策にもぴったり。

 ここで飼育されている動物は1000種以上にものぼる。時には、園内を自由に闊歩するクジャクと遭遇することも。植物園には、7年に一度、たった2日間だけ花を咲かせるという植物、スマトラオオコンニャクも展示されている。

 それらをじっくり見て回るには、一日では足りないほど。都会の喧騒に疲れた人たちにとっても、絶好の癒しスポットとなっている。

2017.05.09(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ