ありがとうって言えたなら

瀧波ユカリ

『はるまき日記』にも登場した瀧波さんの母・千恵子さん。エネルギッシュな毒舌コワモテ母が、突然余命1年の病気だと聞かされた。闘病と看病、母と娘の関係、娘たちの本音と母の想い。誰もが経験する大切な人との別れは、想像と違うことばかりで……。思わず「お母さん」ってつぶやきたくなるコミックエッセイ。(月1回更新)

※ 連載中は最新の3話を公開しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    1 / 1

瀧波ユカリ 近況

娘がついに小学生になりました。教室の椅子がプラスチックの軽いものになっていて、時代の変化を感じました。トイレも洋式のほうが多いみたいです。うらやましい~。

プロフィール

1980年北海道札幌市生まれ。漫画家。日本大学藝術学部写真学科卒業。2004年『臨死!! 江古田ちゃん』でアフタヌーン四季賞大賞を受賞しデビュー。著書に漫画『臨死!! 江古田ちゃん 』(講談社)、エッセイ『はるまき日記』(文春文庫)、 『女もたけなわ』(幻冬舎文庫)、『オヤジかるた 女子から贈る、飴と鞭。』(文藝春秋)など。最新作『あさはかな夢みし(3)』(講談社)が2017年3月23日発売。

連載コミックエッセイ

もっと見る

ページの上部へ