会社の近くの「東京ガーデンテラス紀尾井町」に入っている和菓子店、叶 匠壽庵で春らしいお菓子を見つけました。その名も「春は来ぬ」。

 “春はコヌ”かと誤読し、春はもう来てるじゃんね~と心の中でつぶやいたところ、正しい読みは“春はキヌ”であり、春が来ましたって意味だということに気付き、古文の文法の授業を思い出して冷や汗。人に話さなくてヨカッタ……(ここに書いてますが)。

 扇形に寄せられているのは、桜風味の小倉羊羹ともっちりした求肥、そして薄ピンクの桜の花びらが舞う道明寺羹。“桜漂う春の川”を表しているのですって。まさに春の銘菓で、4月初旬で販売終了とのこと。

 お店の入口ではこの店舗でのみ扱われている、春限定の「匠壽庵きんつば 桜」が実演販売されていました。新作の試食や、口直しのお茶までいただける、素敵なお店です。東京ガーデンテラス紀尾井町はその昔、赤坂プリンスホテルがあったところ。広い敷地内には緑あふれるガーデンがあり、桜がキレイに咲いていました。ゆったりお散歩も楽しいですよ。

叶 匠壽庵
https://www.kanou.com/

Column

CREA編集部 今日のおやつ

撮影用やお土産、差し入れなどでいただくCREA編集部やCREA WEB編集室のおやつをご紹介します。今日もごちそうさまでした!

2017.04.05(水)
文・撮影=CREA WEB編集室

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!