船旅の写真を撮影するコツ その3
「被写体探索と機材の手入れを忘れずに」

船内はショッピングモールのように店が並ぶ。写真は飾ってあったクラシックカー。

 クルーズは船が勝手に移動して目的地まで連れて行ってくれるので、どうしても旅の気持ちが受け身(受動的)になってしまうもの。ゆったりと海に浮いているからか、気持ち的にのんびりしてしまう(せっかちの私とは正反対。笑!)。

左:サーフィンも練習できる!
右:ハウスキーパーが作るタオルアートの猿! 毎晩違う動物を作ってベッドの上に置いてくれる。

 しかし、尻をたたいて、館内でも面白いものを見つける努力、そして毎晩のカメラ機材の手入れを怠らないこと。なぜなら毎日海上で撮影しているので、知らず知らずにカメラ機材に潮が付着しているのだ。特にレンズの手入れは大事。レンズクリーナーセットは必ず持っていこう。

左:日本食発見! 和食は今や世界的に人気のメニューになったようだ。
右:ソフトクリームメーカー。無料なので食べ過ぎに注意!(笑)

<次のページ> 寄港地では効率よく撮影場所を巡る

2017.01.30(月)
文・撮影=山口規子

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!