今日の絶景

今日の絶景

ベトナム最大の都市ホーチミンには
フレンチ建築とアジアの熱気が同居

Magnificent View #1201
ホーチミン(ベトナム)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ベトナム最大の都市、ホーチミン。19世紀からのフランスによる統治、その後のアメリカによる軍事介入、80年代後半のドイモイ(刷新政策)という歴史を経て栄えるこの街は、にぎわうなかにも独特の情緒を漂わせている。

 フランス植民地時代の面影を残す街並みは、「東洋のプチパリ」とも呼ばれている。目にするのは、美しい街路樹やコロニアル建築の洋館だ。その前を大河のように流れるバイクの波が、ここが東南アジアだということに気づかせてくれる。

 街の名は、国父として愛されるベトナム革命の指導者、ホー・チ・ミンにちなみ、建国後、旧名のサイゴンから改称された。だが、地元ではいまだに古い呼び名が愛用され、モダンで華やかなものを表現する場合に「サイゴン流」と用いられることもあるのだそう。

2017.01.13(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ