今日の絶景

今日の絶景

世界で一番最後に新年を迎えた国が
最初に年明けする国に変身した理由は

Magnificent View #1189
サバイイ島(サモア)

(C)R. Ian Lloyd / Masterfile / amanaimages

 世界で最初に新年を迎える国のひとつが、南太平洋に浮かぶ島国サモア。7つの島からなり、最も大きいのがご覧のサバイイ島だ。

 実はサモアは、2011年までは世界で最後に新年を迎える国だった。このカラクリは、サモアが自国の標準時を、日付変更線の東側から西側に変えたことによる。

 この国はもともと、自国の標準時に日付変更線の西側の時間帯を採用していたが、1892年、最大の貿易相手国だったアメリカに合わせて東側に変更。だが、近年はオーストラリアやニュージーランドなど近隣諸国との経済的な結びつきが強力に。これらの国と20時間の時差があることが貿易上不便となったことから、2011年12月、119年ぶりに西側の時間帯を採用することにしたのだ。

 サバイイ島の最西端に位置するファレアルポ村は、それまでウリにしていた「世界で最も遅く沈む夕陽が見える場所」を名乗れなくなったものの、サモア全体は「世界で最も早く朝を迎える国」に。主要貿易国が変わらないかぎりは、しばらくはこのポジションを維持できそうだ。

2017.01.01(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ