今日の絶景

今日の絶景

江戸の昔より残る皇居の櫓からは
徳川将軍が富士山や花火を眺めた

Magnificent View #1180
富士見櫓(東京都)

(C)Robert Harding Imagese / Masterfile / amanaimages

 東京の真ん中にあるものといえば、皇居。文字通り天皇の住居で、かつて江戸城があった場所だ。明治天皇が入城した当時は「宮城」と称されていたが、昭和23年以降、「皇居」と呼ばれるようになった。

 面積は約115万平方メートル。東京ドーム約25個分にあたる敷地内には、宮殿や天皇と皇后の住まいである御所、大祭が行なわれる宮中三殿などが立つ。

 そのなかで、ここが江戸城だった頃の面影を残しているのが、「富士見櫓」。1657年の大火で焼失した天守閣に代わり、城のシンボル的な役目を果たしてきた。江戸時代は将軍がこの櫓に昇り、富士山や両国の花火などを眺めたという記録も。

 櫓が立つ石垣造りには、加藤清正も携わったと言われている。堅牢な造りで、関東大震災でもびくともしなかったのだそうだ。

2016.12.23(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ